top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

浜松開誠館vs津商

高校野球ドットコム

7回、一気に3点差をひっくり返した浜松開誠館が、そのまま津商を振り切る

6回途中までしっかり投げて試合を作った浜松開誠館・廣﨑君

<春季東海地区高校野球大会:浜松開誠館5−3津商>◇22日◇準決勝◇小牧市民

 愛知県開催の今春の東海地区大会だが、準決勝には地元の愛知県勢の姿がないのはちょっと寂しい大会となった。前日、その愛知県の愛工大名電を下した浜松開誠館は、今春の静岡県を初めて制して、東海大会初出場だ。濃いグレー地に鮮烈な赤を基調とした斬新なデザインのユニホームも目を引く。

 対する津商は、昨年に続いて三重県1位での出場。前日は、大垣日大(岐阜)を延長の末にサヨナラで下しての準決勝進出である。

 浜松開誠館は背番号8ながら、総合的な能力があり投手としても高い評価を得ている2年生の廣﨑漣投手が先発。これまでも、県大会では投手としてマウンドを踏んだことはあったが、先発起用というよりはむしろ中継ぎ的な位置だった。それが、この日は佐野心監督も思い切って先発として起用した。その廣﨑が、「5回を3安打無失点、6回1死途中までしっかり投げてくれて試合を作ってくれた」と評価される好投だった。

 0対0のまま後半に突入した試合は6回、津商は1死二塁として2番手として登場してきたエースナンバーの山口 祥吾投手(3年)に対して、赤田克海外野手(3年)の適時打で先制点をたたき出した。なおも2死一、二塁というところで、6番宮本 祐道内野手(3年)が右中間へ三塁打してさらに2点を追加した。

広告の後にも続きます

 こうして均衡を破ったことで、津商の流れになっていくのかと思われた。ところが、これで浜松開誠館は一気に反撃モードになった。

 3点を追う7回、先頭の6番丸山寛尽内野手(3年)が右前打。森大侑内野手(3年)も左前打で続き、8番佐野夏之介内野手(2年)のバントは内野安打となって無死満塁。ここで9番吉松礼翔内野手(2年)。佐野心監督は、「次が(一番信頼できる)静内(龍之介外野手=3年)なので、吉松は併殺でなければ、凡退でもいいと思っていた」と言うが、その吉松が指揮官の予想に反してというか、左中間を破って満塁一掃の二塁打で同点とした。

 こうなると、試合の流れは浜松開誠館に傾いていく。静内の一打は遊ゴロとなったが、走者が二、三塁間で挟まれているうちに走塁妨害が生じて結果として無死二、三塁となる。ここから、浜松開誠館は2番廣﨑と3番斎藤健介捕手(3年)が立て続けに犠飛で2点を追加。このあたりは、佐野監督はじめ元中日のプロ野球経験者の指導陣の大人の野球という雰囲気でもあった。

 そして、このリードを山口が守り切って浜松開誠館は初出場で決勝進出を果たした。佐野監督は、「基本的には、気合を入れ過ぎずに淡々と戦っていく姿勢は変わらない」という姿勢だ。津商の宮本健太朗監督は、「5回までは、古田(宏紀投手=3年)がよく投げてくれたけれども、球運がちょっと悪かったですね。7回は、ミスがあった後流れを止めきれなかった」と悔いた。それでも、「公立校としての意地は見せられたと思う」とこの春を振り返る。そして、新入生27人を迎えて、3年生22人、2年生22人にマネジャーを加えて、総勢81人で夏を目指していく。

(記事:手束 仁)

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル