top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

神村学園vs鹿屋農

高校野球ドットコム

朝吹が投打で活躍・神村学園

 春の鹿児島大会3回戦でも対戦し、接戦を演じた両者の再戦は、4回まで両者無得点で淡々と試合が進んだ。

 均衡が破れたのは5回表、鹿屋農は連続死四球で一二塁とし、送りバントで二三塁として2番・楠原裕也(3年)がスクイズを決めて先手をとった。

 6回まで鹿屋農の左腕エース・楠原裕の前に散発4安打に抑えられていた神村学園打線だったが7回裏に爆発。一死一塁で6回から3番手でマウンドに上がった朝吹拓海(3年)が左中間スタンドに2ランを放って逆転に成功すると、ようやく打線に火が付く。3番・秋元悠汰(2年)、4番・今岡歩夢(2年)、5番・田中拓真(3年)の中軸トリオが3連続タイムリーを放ち、この回打者10人で計6点のビッグイニングを作って一気に主導権を手繰り寄せた。

 8回にもダメ押しの1点を加えた神村学園が春の九州大会覇者の貫禄を見せた、

(文=政 純一郎)

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル