top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

岐阜第一vs津田学園

高校野球ドットコム

岐阜第一が打線も爆発して、コールドで津田学園を退ける

力強く5回途中まで投げた岐阜第一・古川君

<春季東海地区高校野球大会:岐阜第一11−4津田学園(7回コールド)>◇22日◇準決勝◇小牧市民

 昨日の試合では、どちらも1点差の接戦を勝ち上がってきた同士。

 岐阜県1位の岐阜第一は静岡に対して8回に追いつき、9回に二塁打2本でサヨナラ勝ちを決めて勢いに乗る。また、津田学園は三重県2位ながら、実力はもっともあると言われていた愛知県1位の東邦に対して、3回に3点を先取。その後追い上げられながらも辛くも1点差で逃げ切るという戦いだった。持ち味の継投も上手にハマった戦い方でもあった。そんな両校の対戦は興味深かった。

 しかし、試合は予想だにしなかった、コールドゲームという形で岐阜第一が快勝した。もちろん、スコア差ほどの力に開きがあるというものではなかった。ただ、この試合に関して言えば岐阜第一が、いい流れになり、津田学園は守りも含めて終始バタバタとしてしまったという感じで、それがこうした、力の差以上のスコア差という結果になってしまった。

 初回から試合は動き、まず津田学園が先頭の小林京矢外野手(2年)が一、二塁間を破って出塁すると盗塁、神田剛志内野手(3年)も一塁内野安打で一、三塁として、続く4番岡田龍之介外野手(2年)の中犠飛で先制。しかしその裏、岐阜第一は失策と内野安打で1死二、三塁として、4番小澤侑二郎内野手(3年)の左前打で同点。なおも、重盗で二、三塁とすると、内野ゴロの間に三塁走者がかえり逆転。さらに失策もあって、この回3点が入った。

広告の後にも続きます

 2回にも岐阜第一は、2死満塁から5番高橋翼捕手(3年)の中前打で2人がかえり5点目が入った。

 津田学園は、4回に佐川竜朗監督が「このチームでは最も信頼できる打者」という3番神田が右越え本塁打し、さらに2死一塁から7番影井希月葵内野手(2年)が二塁打してこの回2点で追い上げていった。6回にも、「1点ずつ返していくぞ」と、ベンチから声がかかり、それに応えて西原颯汰外野手(3年)が左前打で出ると死球と、代打榊原平侍朗(3年)が中前打で繋いで満塁として、内野ゴロ併殺崩れの間にさらに1点を返して2点差まで追い上げた。

 しかし、7回の岐阜第一打線は一気に爆発。前日のヒーローでもある7番丹羽淳大(2年)、8番秋山侑士内野手(3年)の連打で1点を追加し、なおもバント野選で満塁として、2死となってから2番難波壱成外野手(3年)が右中間を破る三塁打で満塁一掃し、さらに福井一颯内野手(3年)も中前打して、この回5点目が入り7点差となり、中盤の展開からは予想できなかった、コールドゲームとなった。

 岐阜第一は先発古川晴翔投手(3年)が5回2死で変則気味のサイドスロー中島嵐投手(3年)のリリーフをあおいだが、田所孝二監督は「古川には5回は投げてほしかった。だけど、連投だったし、よく投げてくれたと思います。昨年秋はほとんど一人で投げていた弘川(泰暉投手=3年)が戦列を外れている中で、この春は他の投手が成長してきてくれて計算できるようになったのが大きい」と、この春の収穫は投手陣の成長だという。岐阜第一としては、1989年(平元)以来、33年ぶりの決勝進出となった。福知山成美から異動してきて7年目となる田所監督。そろそろ、タイトルも欲しいところでもあろう。

 津田学園の佐川監督は、「序盤でちょっと守備が崩れてしまい投手が浮足立ってしまったところを攻め込まれた。こういうところは、まだ力不足かなと思います」と振り返った。それでも、「昨日投げた越智(晴也投手=3年)もそうですし、今日の2人目の山内(雄太投手=2年)もそうですが、県大会でベンチに入っていなかった投手がこういう場でしっかりと結果を出してくれたのはよかった」と、確実に投手陣の層は厚くなっているという手ごたえは感じていた。

 主将の杉本希成内野手(3年)は、「流れが相手に行っていて、何とかしたかった。途中で追い上げられたけれども、それを持ってこられなかった。絶対に勝ちたいと思っていたので、負けた悔しさが大きい」と、悔いていた。それでも、この春季大会を通じて津田学園のチーム力は確実に上がっていったと感じさせるものだった。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル