top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

鹿児島vs大島

高校野球ドットコム

エース森山が好リリーフ・鹿児島

 鹿児島は背番号10の徳寿輝也(3年)、大島は武田 涼雅主将(3年)、ともにエースではない右腕が先発してスタートした。3回までは両者無得点で試合が進んだ。

 均衡が破れたのは4回表。鹿児島は連続内野安打に盗塁で無死一三塁とすると、4番・宇田俊介(3年)が犠牲フライを放って先制点を挙げた。

 6回表には一死一二塁から5番・中西柊太主将(3年)のセンター前タイムリー、暴投で2点を追加した。

 その裏、大島は一死二塁から4番・武田主将、7番・竹山陸斗(3年)の2本の二塁打で2点を返し、1点差に詰め寄る。

 鹿児島はここでエースの右腕・森山颯(3年)を投入。三振で切り抜けた。

広告の後にも続きます

 9回裏、大島は二死から代打攻勢で一二塁と一打同点、逆転のチャンスを作ったが最後は三振に打ち取られゲームセット。エース森山の好リリーフで鹿児島が接戦をものにして、シード都立大島に競り勝った。

(文=政 純一郎)

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル