top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

田島芽瑠“舞”、泥酔状態でホストと帰宅!?増田貴久“安彦”らの反応は…

TVerプラス


NEWSの増田貴久が主演を務めるドラマプレミア23『吉祥寺ルーザーズ』(テレビ東京系、毎週月曜23:06~)の第7話が、5月23日に放送。及び、民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

秋元康が企画・原作を務める完全オリジナルドラマとなる本作は、主演の増田が演じる安彦聡をはじめ人生の負け組6人が、吉祥寺のシェアハウスで一緒に暮らす日々を描いたシチュエーションコメディドラマ。安彦の他に、夫と離婚調停中の元女性ファッション誌の編集長・大庭桜(田中みな実)、全く売れていないが芸人を自称している実演販売員・秦幡多(片桐仁)、博多から上京してきた生意気なキャバ嬢・望月舞(田島芽瑠)、普段は真面目なのにギャンブルに溺れ借金まみれの公務員・胡桃沢翠(濱田マリ)。さらに、元広告代理店勤務のエリートながらリストラされた天涯孤独の男・池上隆二(國村隼)といった人物が登場する。

先週放送された第6話では、シェアハウス生活がスタートして早1か月がたち、初めての更新日を迎えたものの、舞はお金がなく家賃が払えないと土下座する。そこで、安彦はある提案を……。

<第7話あらすじ>
望月舞(田島)が彼氏と泥酔状態で帰宅する。自称博多の売れっ子ホスト海斗こと伊東正(岡宏明)と名乗り、舞に会うため上京したというが……。

そこへ舞が働くコンカフェ(コンセプトカフェ)店員のトーコ(喜多乃愛)から、舞を訪ねて怪しい男が来店していると安彦聡(増田)に連絡が。

その男が言うには、舞は彼氏に騙されて詐欺の片棒を担がされているとのこと……。突如現れた舞の秘密を握る男2人。果たして住人たちは無事、舞を救うことができるのか!?

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル