top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「ん、コレ美味しそうじゃん!」とカメラをガブリンチョ!イタチザメの口の中を心ゆくまでご覧ください

マランダー



 冒険家であり、映像作家でもあるニコラス・ツィンマーマンさんは、先月ダイビング中に恐ろしくもレアな経験をした。1匹のイタチザメが、ニコラスさんのカメラをガブリ!と飲み込もうとしたんだ。

 幸いなことにカメラは無事で、世にも貴重な映像が我々の目に触れることになった。早速その映像を見てもらおう。

WATCH AS HUNGRY TIGER SHARK TRIES TO EAT CAMERA!

 1匹のイタチザメが、海底に置いたカメラのほうに近づいてくる。これだけですでにヤバい感じがだ頼っているのだが…。



 突然、そのサメはカメラをガブリ!と咥えたんだ。おいしそうに見えたのかな?


 ご覧ください。これがイタチザメの口の中。奥に見えるのが口と喉の境目…つまりその先に入ったらアウトっていうこと?



 だが、どうやらカメラは飲み込むには硬すぎたみたいだ。何度かガシガシやられた挙句に、ペッと吐き出されてしまった。



 幸いなことに、カメラは壊れておらず、傷がちょっぴりついただけだったそうだ。ちなみにカメラはInsta360 ONE RSというアクションカムとのこと。

 こちらはニコラスさん撮影による、アオザメがガブガブやりに来る映像だ。このサメは1時間にわたって、およそ目に入るものすべてをガブリンチョしようとしていたらしい。ニコラスさんには、今後もどうか気をつけて撮影を続けてほしいよね。

この投稿をInstagramで見る

Deep Sea Guardians(@deepseaguardians)がシェアした投稿


written by ruichan

TOPICS

ランキング(どうぶつ)

ジャンル