top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

仕事ができる人になりたければ、「数字」でとらえよ! できる人に共通する「型」伝授

J-CAST会社ウォッチ

いま、ビジネス書のベストセラーになっているのが、本書「数値化の鬼」(ダイヤモンド社)である。日販オープンネットワークウィンの調べでは、ビジネス書の3位にランクイン(3月21~27日)。「鬼」という言葉が気になり読んでみたら、たいへん合理的な思考法を説いた本だった。いかなるときも、「感情」を脇に置き、「数字」で考えられることによって、「仕事ができる人」になれるというのだ。

「数値化の鬼」(安藤広大著)ダイヤモンド社

著者の安藤広大さんは、株式会社識学代表取締役社長。早稲田大学卒業後、NTTドコモを経て、ジェイコムで取締役営業副本部長を歴任。2013年、「識学」という考え方に出会い、独立。2019年、創業から4年あまりでマザーズに上場。約2700社以上に導入された実績を持つ。

「識学」とは、安藤さんによれば、組織内の誤解や錯覚がどのように発生し、どうすれば解決できるか、その方法を明らかにする学問だという。「いったん数字で考える」ことが基本だ。

手始めに「自分の1日の行動を数字で考える」

まずやってみてほしいのが、「自分の1日の行動を数字で考えること」だという。多くの人は半年や1年間で目標を設定しているだろうが、中だるみしやすい。大きな目標を「1日ごと」に分解することが大事だ、と説いている。

働いていると、毎日、日報を書いたり、「ほうれんそう(報告・連絡・相談)」をしたりする人もいるだろう。だが、数字と向き合わず、「結果は出ていませんが、こんなに頑張っています」とか「数字以外の部分で貢献したので評価してください」などと、「言い訳」する中堅社員も少なくない。

広告の後にも続きます

そもそも、仕事ができる人とは、結果を出して評価されることであるはずだ。そのため、安藤さんが提唱する「識学」では、上司は部下の「プロセスを評価しない」という考え方がある。これは、ゴールである「目標(数値化されたもの)」を設定したら、あとはどのように部下が達成するか、その選択の権限を与えることを意味する。

やり方はいろいろあるが、仕事ができる人にはある共通する「型」があるという。それが一般に「PDCA」と呼ばれるフレームワークだ。「P(プラン):計画」、「D(ドゥ):行動」、「C(チェック):評価」、「A(アクション):改善」の一連の流れで回すものだが、「識学」流では以下のような特徴がある。

「計画」は時間をかけないで、「行動量」を増やす

「P(計画)」に時間をかけないことだ。新入社員や若手に多いのが、「P(計画)」から「D(行動)」へ移るときのロスタイムだ。「D」の回数が「行動量」というキーワードだ。安藤さんは「何回やったのか」「1日に何時間できたのか」という量こそが大事だ、と強調している。

そこで、数をこなすためのすぐやる仕組みを導入する。それが、目標のための目標「KPI」という概念だ。直訳すると、「目標を達成するための数値化された指標」である。

上司は、基本的に部下のプロセスに口出ししないのが「識学」流だが、新人やどうしても結果が出ない人に対しては、最初にプロセスを管理する必要がある。そのため、「KPI」を設定して、すばやく「D」に移れるように環境づくりをする。

たとえば、「1年以内に商品化を1つ実現させる」という目標がある場合、「企画書を月4つ提出する」「毎週末に、新しい企画書を1つ仕上げる」という「KPI」を設定する。だが、「KPI」のほうが大きな目標であるかのように誤解されることもあるから注意が必要だ。そのため、「企画書を1カ月以内に1つ通す」「試作段階まで話を進める」など、次のステップにつなげるよう促す。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル