top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

こどもの数41年連続で「過去最少」更新…少子化鮮明、危機的状況変わらず(鷲尾香一)

J-CAST会社ウォッチ

2022年4月1日現在の日本のこども(15歳未満)の数は1456万人で、41年連続で減少している。

総人口に占めるこどもの割合は11.7%で、48年連続で低下。少子化に歯止めのかかる兆候はまったくなく、危機的な状況にあることが浮き彫りになっている。

前年に比べて25万人(1.7%)の減少

総務省統計局は例年、5月5日の「こどもの日」にちなんで、4月1日現在のこどもの数の推計を発表している。

それによると、こどもの数は前年に比べ25万人(1.7%)減少した。減少は1982年から41年連続で過去最少を更新した。

男女別では、男子が751万人、女子が715万人となった。男子は前年に比べ13万人(1.7%)減少、女子は同12万人(1.7%)減少した。男女比では男子が女子より36万人多く、女子100人に対する男子の数(人口性比)は105.0となっている。

広告の後にも続きます

ちなみに、総人口1億2519万人の男女別では、男性が6086万人、女性が6433万人で、女子100人に対する男子の数(人口性比)は94.6となっている。平均寿命が女性の方が長いこともあり、全人口では「女性余り」だが、こどもの世界では「男性余り」となっている。

年齢階層別では、12~14歳が323万人(総人口に占める割合2.6%)、9~11歳が313万人(同2.5%)、6~8歳が301万人(同2.4%)、3~5歳が278万人(同2.2%)、0~2歳が251万人(同2.0%)となっている。

年齢の高い方から段階的に人口数、総人口に占める割合が減少していることを見ても、少子化が着実に進んでいることがわかる。

中学生(12~14歳)、小学生(6~11歳)、未就学の乳幼児(0~5歳)の3区分でみると、中学生が323万人(男性166万人、女性157万人)、小学生が614万人(男性314万人、女性299万人)、未就学の乳幼児が528万人(男性271万人、女性258万人)。

総人口に占める割合では、中学生が2.6%、小学生が4.9%、未就学の乳幼児が4.2%となっている。

人口に占めるこどもの割合も48年連続の低下

さて、15歳未満のこどもの数が総人口に占める割合は、1950年には35.4%と、総人口の3分の1を超えていた。これは1947年から1949年の第1次ベビーブームの影響によるものだった。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル