top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

勝手な理由で取引終了→3年後にまさかの連絡が… 「取引先の失礼対応」体験談が共感を呼ぶわけ

J-CASTニュース

ツイートまとめサービスTogetter(トゥギャッター)を運営しているスタッフがTwitterで注目された話題を厳選し、考察するコラムの第51回をお送りします。今回のテーマは「ビジネスシーンにおける取引先との残念なやり取り」です。

Togetter社が解説する「3分くらいで分かる週刊Twitterトレンド」<出張版>

ビジネスシーンにおける「スカッと話」に注目

先日、とある町工場で起きた元取引先とのエピソードがTwitterで大きく拡散しました。知人の経営者から聞いた話だとしてツイートされたものです。

その工場は以前、取引先から「今後はコストの安い海外でつくる。もう高い日本製はいらない」と言われ、一方的な取引停止を経験。ピンチに陥ったものの、各所に頭を下げてなんとか経営危機を乗り切ったそうです。

ところが、約3年後に件の取引先から電話が。2022年4月に起きた上海のロックダウンの影響により海外で商品を作れなくなったので、取引を再開したいという連絡でした。その際、先方からは「困った時こそ『お互い様の気持ち』が大事でしょ」と言われたとか。

広告の後にも続きます

これに対して町工場の代表は、ピンチの時に「『お互い様の気持ち』で贔屓にしてくれた」別の取引先との仕事を優先したいとストレートに返し、断ったそうです。

このツイートは多くのユーザーに注目され、反響を含むTogetterのまとめは150万Viewを超える反響を呼びました。

<「もう高い日本製はいらない」と突然取引を停止された元取引先から3年ぶりに連絡がきたが、「人」を大事にする社長さんの返しがかっこいい – Togetter>

この例に限らず、「ビジネスシーンにおける取引先との残念なやり取り」に関する話題はTwitterでバズりやすい傾向にあります。過去に話題を集めたTogetterのまとめを元に、その理由を探ってみましょう。

「悪印象」はその後のビジネスに長く影を落とす

冒頭の町工場のように「取引先からひどい対応を受けたことが、その後のビジネスに影響した」という構図は鉄板です。

例えば、普段は温厚な役員が「この会社は30年前俺の名刺を破ったから(一緒に仕事を)やらない!」と怒っていた…というお話。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル