top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「負けているのに延長突入」「同点なのにサヨナラ勝ち」 ヤクルト公式グッズがミス連発→デザイン修正

J-CASTニュース

プロ野球・東京ヤクルトスワローズが2022年5月18日に受注を開始した公式グッズの「デザインミス」に注目が集まっている。

ヤクルトが2-1でサヨナラ勝ちした試合のスコアボードがあしらわれたグッズだが、「ヤクルトが負けているのに延長突入」「同点なのにサヨナラ勝ち」など事実と異なる点が複数あり、ファンからはツッコミの声が相次いだ。

「ヤクルトスワローズのグッズ担当さん まさかの回数表記を間違えてしまう…」

注目を集めているのは、5月17日に神宮球場で行われた阪神タイガース戦でのサヨナラ勝利を記念し、受注販売をはじめたグッズだ。

この日の試合、ヤクルトは0-1で迎えた9回裏に、青木宣親選手がタイムリーツーベースを放ち同点に追いつくと、ホセ・オスナ選手の犠牲フライで逆転勝利を収めた。

オスナ選手のサヨナラ打を記念し、犠牲フライを放つオスナ選手の姿と当日の試合スコア、オスナ選手直筆のコメントがデザインされた「オスナ サヨナラ犠牲フライグッズ」が受注販売された。

広告の後にも続きます

しかし、当初公開されたデザインでは、阪神が5回表と8回表に1点ずつ得点し、合計2点取ったことになっていた。実際の阪神の得点は、5回表の1点だけだった。また、このままなら9回2-0で阪神勝利となるはずが、なぜか延長戦に突入し、ヤクルトが10回裏に2点取ったことになっていた。このままでは2-2の同点になるところだが、最終的なスコアでは阪神の1点が消失し、2-1でヤクルトがサヨナラ勝ちとなっている。

まさかのミス連発に、野球ファンからはツッコミの声が相次いだ。

「ヤクルトスワローズのグッズ担当さん まさかの回数表記を間違えてしまう…(実際は9回サヨナラなのにグッズでは10回サヨナラ)」
「泣きの一回が許されたどころか、同点サヨナラって、阪神さん懐深すぎるでしょう?!笑」
「阪神勝ったはずなのになんか延長しててしかも同点なのにサヨナラ負けしてるやんけ」
「一点負けてるのに延長戦突入してるのチートすぎるwww」
「9回終了時点で負けてるのに10回もやってるし同点止まりやしツッコミどころあって草」

受注ページに掲載されたデザインは、22日夕方までに正しいスコアに修正されている。

TOPICS

ジャンル