top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「自分の地図を作れ」救急車機関員がカーナビを信じない理由

幻冬舎ゴールドライフオンライン

「それで、非番で警防調査に行っていたんですよ。道幅とか、救急車が通れるか通れないとか、検証していたんです……」

舞子は玉原に説明した。管轄区域の地理や道路状況を把握するため、実際に地域をまわって交通状況や目印になる建物をチェックしていたのだ。地味な作業であるが、管轄区域の地理や建物状況を把握しておくのは重要である。

「あたしはてっきり、あなたたち二人が朝帰りかと……」

二十四時間勤務を明けての朝帰りであることに間違いはない。

「でもいいわねぇ。あのイケメンの水上くんが運転する車にいつも乗せてもらえるなんて。仕事も楽しくなるわね」

広告の後にも続きます

「はあ……」

アイドルのように容姿端麗な水上は、女性に人気がある。水上が機関員になってから、救急車で医療機関に行くと、看護師や事務員から差し入れをいただくことが多くなった。これまで、出場の合間に三人分の缶コーヒーを買ってきてくれていた菅平は、病院から引き揚げるたびに、ポケットを缶ジュースや飴やらチョコレートやらで、いっぱいに膨らませてくることが多くなった。

「あの救急車の運転手さんに渡してください」と頼まれるという。菅平と舞子は密かに「水上効果」と呼んでいた。

でも、岩原士長の運転のほうが、安心だったな。舞子は、前任の岩原が機関員を務めていたときは、車両運行について意識したことがなかった。それだけ、救急車の動かし方が自然であったのだろう。

「今日はまた、忙しいですね……」

夕方五時の時点で七件目の出場を終え、帰署途上の救急車内で水上が言った。

「今日、毎月点検の予定だったんですけど」

「次の当番に見送るか」

菅平が答える。毎月点検とは、月に一度行っている車両の点検整備のことで、オイル交換やエンジンの状態の確認、タイヤの空気圧点検などを実施する。機関員の資格を持っていない舞子も、車両洗浄やワックスがけなどを手伝う。機関員は、車両の運行だけでなく、救急車の点検整備も重要な任務のひとつである。

考えてみれば、救急隊員は三交替制でローテーションをしているが、救急車は働きっぱなしだ。きちんと点検整備をしておかないと、いざというときに動けないようでは困ってしまう。

「どうだい、救急機関員の仕事は」

赤信号で停止したタイミングで、菅平が水上に尋ねた。今は一般走行なので、普通の車と同じように信号を守って走行している。

「……隊員で乗っていた時より、はるかに視野が広がったと思います。確か、隊長も機関員の経験があるんでしたよね」

「ああ。救急車の機関員は、すごくやりがいがある仕事だ。ただ運転するだけじゃだめなんだ。傷病者の症状に応じて、急ぐ場面や、安静を優先させる場面、その時々に応じた走行が必要になる。私はよく上司に、『消防総監を乗せているつもりで運転しろ』と言われたものだ。ブレーキのかけ方一つでも『ブレーキをかけた』って気づかれないくらいの運転をしろって」

舞子は後部座席で菅平と水上の会話を聴きながら、運転席の背もたれの後ろに置かれている水上の地図を見た。救急車が通れる道は黄色に、道幅が狭く通れない道は赤に塗られている。救急病院には青い丸印がついていて、搬入口に矢印が書かれている。

最近、水上は深夜の仮眠時間を惜しんで自分の地図作りをしていた。そんな同僚を舞子は頼もしく思い始めていた。菅平も、水上を一人前の機関員に育てようとしている様子で、病院からの帰り道には、よく緊急走行時の経験談を話していた。

「……普段、救急隊は単隊活動が多いけど、火災現場なんかは注意しなくてはいけないよね。あんまり現場に突っ込んでしまうと、あとから来たポンプ車やはしご車に挟まれて、現場を出られなくなってしまう。救急隊には、傷病者の搬送という任務があるからね」

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル