top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

大谷翔平、特大135メートルに俊足内野安打 2試合連続マルチもマークで躍動

ABEMA TIMES

【MLB】エンゼルス4-1アスレチックス(5月22日・日本時間23日/アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「1番・DH」で先発出場し、5打数2安打1打点1本塁打と活躍、チームの連勝に大きく貢献した。1回の第1打席には、今季最長飛距離となる135メートルの特大先頭打者弾。9回には俊足を活かした内野安打を稼ぎ出し、2試合連続マルチ安打もマークした。

【動画】大谷翔平、日米通算150号達成の一発は今季最長135メートル特大弾

 直近の試合では少し調子を落としたかに見えた大谷だったが、自ら放った特大弾で一気にテンションを上げた。第1打席ではカウント0-1からゆるく入ってきたカーブを強振し、打球はセンターフェンスのはるか上を通過する今季9号。日米通算150号のメモリアルアーチになった。続く第2打席はライト、第3打席もファーストへ痛烈なライナーを放ち、復調ぶりを見せると、第5打席では詰まった当たりのショートゴロになったが、一塁へ全力疾走。足でもヒットを稼げる大谷らしいプレーが光った。

 これで打率も.259まで上昇。チームも4連敗のあとに2連勝とし、ア・リーグ西地区の首位復帰に向けて大きな1勝を手にした。明日23日(日本時間24日)は試合がなくオフ。大谷にとっても気分のいい状態で、リフレッシュできそうだ。
(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル