top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

LDH史上最大規模のオーディション『iCON Z』男性部門グランプリはLIL LEAGUEに決定 最年少メンバー13歳のグループが夢の扉を開く

SPICE

左から、EXILE AKIRA、EXILE SHOKICHI、岩城星那、難波碧空、中村竜大、百田隼麻、山田晃大、岡尾真虎、EXILE HIRO


5月21日、東京・日本武道館で『iCON Z 2022 ~Dreams For Children~』が開催された。本公演は、『~夢のオーディションバラエティー~ Dreamer Z』(テレビ東京系)で放送されているLDH史上最大規模のオーディション『iCON Z ~Dreams For Children~』男性部門のファイナルステージ。ファイナリストに選ばれた19名が3グループに分かれてパフォーマンスを行い、見事グランプリに輝いたグループはLDH所属アーティストとして迎えられる。

PSYCHIC FEVER


ライブの幕開けは、今年7月にデビューを控えるPSYCHIC FEVER。“DREAM SPARK”と題したステージでフレッシュなライブを見せる。続いてEXILEのメンバーが登場すると、会場は早くも熱狂の渦へ。360度客席に囲まれたセンターステージや花道を駆けまわりながら圧巻のパフォーマンスを届け、パワフルなダンスと歌でトップスターとしての風格を見せつけた。

EXILE


広告の後にも続きます

完全に温まった会場へ、『iCON Z』のファイナリストたちが登場。割れんばかりの盛大な拍手に迎えられた彼らだが、全員が硬い表情を浮かべている。緊張感と興奮が入り混じった空気の中、最初にパフォーマンスを始めたのは、年齢も身長も個性もバラバラな6人のチームワークが魅力のLIL LEAGUE。飛び跳ねるようなリズムが楽しいオリジナル課題曲「Rollah Coaster」を弾ける笑顔で元気いっぱいに表現し、初めて彼らのステージを生で見る観客たちの心を一気に掴んだ。

LIL LEAGUE×THE RAMPAGE


半数がまだ中学生のLIL LEAGUEのステージに乗り込んできたのは、ワイルドな先輩グループTHE RAMPAGE from EXILE TRIBE。一気にデンジャラスな魅力が漂い始める中、「THROW YA FIST」でコラボパフォーマンスを披露。THE RAMPAGEの圧倒的な存在感に飲み込まれてしまうかと思われたLIL LEAGUEだったが、リーダーの岩城星那は先輩に負けない堂々とした歌を披露。13歳の難波碧空のハイトーンボイスも重低音の効いたこの曲に絶妙にマッチしており、新たな化学反応を起こしていた。

KIDMATIC


続いて登場したのは、KIDMATIC。ローティーンメンバーの多い次世代グループとして期待されている彼らだが、課題曲は大人の男を感じさせるセクシーなダンスチューン「Giant Steps」。表情や仕草など細部まで神経を行きわたらせながら色気と高揚感を存分に表現し、ステージを華やかに彩った。

KIDMATIC×FANTASTICS


  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(音楽)

ジャンル