top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

大谷翔平、豪快135メートル弾で日米通算150号達成!ファンも「キターーー!!」「おめでとうーーー!」と大興奮「幸せだ!」

ABEMA TIMES

【MLB】エンゼルス-アスレチックス(5月22日・日本時間23日/アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「1番・DH」で先発出場し、第1打席で6試合ぶりの今季9号を放った。これで大谷は日米通算150号を達成。日本時間の早朝から中継を見ていた視聴者からは「目が覚めた!」「朝早く起きて良かった!」など喜びのコメントが溢れた。

【動画】大谷翔平、特大の今季最長135メートル弾

 大谷は第1打席、アスレチックス先発左腕アービンに対し初球からフルスイング。高めのボールに空振りとなったが、続く2球目も思い切り振ると完璧に捉えた打球がセンターへ。ぐしゃっという打球音を残し高く上がったボールはそのままセンターのはるか頭上を越えスタンドに飛び込む先頭打者ホームランとなった。

 打った瞬間、相手キャッチャーもうなだれる大谷らしい当たりは、打球速度108.9マイ
(175.3キロ)、今季最長飛距離となる443フィート(135メートル)の特大弾。ABEMAの視聴者からは「すげーーーー!」「いきなりきた!」「えぐうううううう」「パーペキやったなぁーええ音やった!」と大興奮した書き込みが殺到した。

広告の後にも続きます

 6試合ぶりとなる9号は、5試合足踏みとなっていた日米通算150号のメモリアル弾でもある。これには「おめでとうーーーーーー!」「150号おめでとう」と祝福の声も多く上がった。「早起きしてよかった!」「起きて良かった!幸せだ!」といったコメントも多かったように、月曜の早朝からファンを元気にする一発となったようだ。
(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル