top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

和楽器バンド・鈴華ゆう子がソロライブ『Jazzy Night 2022』を開催 初のピアノトリオ編成、連弾など一夜限りの特別演出も

SPICE

撮影=KEIKO TANABE


5月21日(土)Billboard Live TOKYOにて、和楽器バンドのボーカル・鈴華ゆう子がソロライブ『Jazzy Night 2022』を開催した。

撮影=KEIKO TANABE


本ライブは、自身のソロ楽曲やカバーなど、“いつもとは一味違ったJazzyな雰囲気”で開催。和楽器バンドや華風月はもちろん、自身のソロライブでも行ったことがない、ピアノトリオ編成で行われた。ソロ楽曲「うたいびと」から始まったライブは、和楽器バンドの「シンクロニシティ」をピアノトリオ編成で披露し、序盤から会場のムードを高めていった。

撮影=KEIKO TANABE


広告の後にも続きます

撮影=KEIKO TANABE


ライブ中盤では、ORIGINAL LOVE「接吻」のボサノバ風アレンジでのカバーや、森山直太郎から楽曲提供を受けたソロ楽曲「カンパニュラ」など、鈴華の力強くもきらびやかな歌声が会場中に響き渡った。ライブ終盤では、和楽器バンドの人気曲「月下美人」、ピアノの連弾演奏のパフォーマンスなど一夜限りの特別な演出が続き、感動的なムードで本編が締めくくられた。

撮影=KEIKO TANABE


撮影=KEIKO TANABE


鳴り止まないアンコールの拍手に応え、鈴華は再びステージに登場。自身が好きな沖縄の三線を手に、「童神~天の子守唄~(Cover)」をパフォーマンスした。その後のMCでは、“音楽と花”をテーマとしたソロプロジェクト『SUZUHANA』の立ち上げを発表。会場の興奮が高まる中、サプライズで新曲「泥棒猫」を披露し、感動的なムードで二度目となるソロライブ『Jazzy Night 2022』の幕を下ろした。

撮影=KEIKO TANABE


TOPICS

ランキング(音楽)

ジャンル