top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

北川景子、人生のターニングポイントは「セーラームーン」断言にファン歓喜!

アサジョ

 女優の北川景子が5月17日、映画「それいけ!アンパンマン ドロリンとバケ~るカーニバル」の公開アフレコイベントに出席。人生のターニングポイントとなったエピソードを語った。

 同作はシリーズ33作目となり、6月24日に公開。北川は物語のキーマンで変身が苦手なオバケの男の子・ドロリンを演じた。北川は同役のオファーについて「私は子どもが生まれてからアンパンマンを見る機会がまた増えていて、毎週‥‥というか毎日お世話になっていたので、“あのアンパンマンの声優のお仕事が!”って思ってすごくびっくりしたんですけど、うれしかったです」と喜びつつ、「ただ、役どころが男の子だったので、どうなってしまうのかなと不安でした」と語った。

 トークセッションでは同作の内容にちなんで、司会者から自身がこれまでの人生の中でいちばん成長できたことやターニングポイントだったと思えることを聞かれ、北川は「この世界に入った時の最初のお仕事は自分の人生を変えた」と語りつつ、それが「セーラームーンのお仕事」と03年から04年にかけて放送された特撮ドラマ「美少女戦士セーラームーン」(TBS系)だったことを明かした。

 北川はさらに「特撮なので1年間やるんですけど、その前までは普通の学生だった自分がしごかれて、撮影の段取りとか、お芝居のこととか勉強させてもらって。あの1年間、鍛えてもらったことはすごくいい経験だったなと思います」と振り返った。

 ネット上では《セーラームーン大好きで見ていたから、その演者さんが「いい経験だった」と言ってくれるのは嬉しいですね》《実写版セーラームーンを見てたので、北川さんがこんな風に思ってくれているのは嬉しいです》《北川さんは一緒に演じた仲間たちとの交流は続いていたり、自ら話をしたりと、本当にいい現場だったんだろうなぁと思いました》など当時を知るファンから喜びの声が続出している。

広告の後にも続きます

「北川は同ドラマにはセーラーマーズ/火野レイ役で出演。ほかには女優の沢井美優、泉里香、安座間美優、小松彩夏などが主要キャストとして出演していました。当時のキャスト達とは現在も交流が続いているようで、年に1~2回程度、『セーラー戦士会』と称した女子会を開催。毎回誰かがインスタグラムなどのSNSに集合写真をアップし、そのたびにファンからは喜びの声があがっています。

 北川と言えば、夫のDAIGOに暴露された、終わったドラマの台本や過去の自分の写真まで何でもシュレッダーにかけ、心配するDAIGOに対してキメ顔で『私に過去はいらない』と言い放ったという『シュレッダー事件』が有名ですが、セーラームーンの経験だけは大事な過去のようですね」(芸能記者)

 北川にとって「セーラームーン」は女優としてだけでなく、プライベートでも何物にも代えがたい経験だったようだ。

(柏原廉)

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル