top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

南沙良、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』に初登場!成長した大姫を演じる

Pop’n’Roll

南沙良、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』に初登場!成長した大姫を演じる

南沙良が、本日5月22日(日)に放送されたNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』へ初登場した。

南は今回が大河ドラマ初出演。作中では源頼朝(大泉洋)と政子(小池栄子)の愛娘で義時の姪にあたる大姫役を演じる。

22日放送の第20回「帰ってきた義経」の冒頭から登場した大姫の姿に、SNS上では様々な反響がみられた。

『鎌倉殿の13人』は61作目の大河ドラマで三谷幸喜が脚本を手掛けるエンターテインメント作品。

タイトルの「鎌倉殿」とは、鎌倉幕府将軍のこと。主人公は小栗旬演じる鎌倉幕府2代執権・北条義時。源頼朝にすべてを学び、武士の世を盤石にした義時。野心とは無縁だった若者は、いかにして武士の頂点に上り詰めたのか。

新都鎌倉を舞台に繰り広げられるパワーゲームの中、源頼朝の愛娘で義時の姪にあたる純朴な大姫は父の野望に巻き込まれていく。南沙良演じる大姫は、頼朝の思惑のなか、どうなってしまうのか。今後の展開が気になるところだ。

『鎌倉殿の13人』より

大河ドラマ『鎌倉殿の13人』

NHK総合 毎週日曜[総合]後8:00 [BS4K・BSP]後6:00 放送中

ストーリー:
平家隆盛の世、北条義時は伊豆の弱小豪族の次男坊に過ぎなかった。だが流罪人・源頼朝と姉・政子の結婚をきっかけに、運命の歯車は回り始める。
1180年、頼朝は関東武士団を結集し平家に反旗を翻した。北条一門はこの無謀な大博打に乗った。頼朝第一の側近となった義時は決死の政治工作を行い、遂には平家一門を打ち破る。
幕府を開き将軍となった頼朝。だがその絶頂の時、彼は謎の死を遂げた。偉大な父を超えようともがき苦しむ二代将軍・頼家。“飾り”に徹して命をつなごうとする三代将軍・実朝。将軍の首は義時と御家人たちの間のパワーゲームの中で挿げ替えられていく。
義時は、二人の将軍の叔父として懸命に幕府の舵を取る。源氏の正統が途絶えたと時、北条氏は幕府の頂点にいた。都では後鳥羽上皇が義時討伐の兵を挙げる。武家政権の命運を賭け、義時は最後の決戦に挑んだー

「鎌倉殿」とは鎌倉幕府将軍のこと。頼朝の天下取りは十三人の家臣団が支えていた。頼朝の死後、彼らは激しい内部抗争を繰り広げるが、その中で最後まで生き残り、遂に権力を手中に収めたのが、十三人中もっとも若かった北条義時である。

TOPICS

ジャンル