top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【小説】オレオレ詐欺をやめて逆恨みされて母親が殺されたのか

幻冬舎ゴールドライフオンライン

※本記事は、早坂どあ氏の書籍『携帯エアリー』(幻冬舎ルネッサンス新社)より、一部抜粋・編集したものです。

【前回の記事を読む】自信家、病弱、容姿端麗…犯罪者になった男の驚きの手口とは?

携帯エアリー

それにしても、殺害された松岡直子はどうして殺されたんだろう? 省吾はオレオレ詐欺と松岡の接点を考えた。松岡は母子家庭。その割に経済的には困っている様子はなかった。子供が二人いて、二人共社会人とはいえ、子供の頃はどうだったんだろう? 家のローンや生活費はどうしていたのだろう?

そもそもなぜ母子家庭なのだろうか? 夫はいつどうして家からいなくなったのだろう? 死んだのか? 離婚したのか? それとも失踪でもしたのだろうか?

省吾は紀香と二人で、松岡の家の近所に聞き込みをすることにした。もちろんエアリーを持って。

広告の後にも続きます

「警察の者ですが、お隣の奥さんが亡くなったことについてお聞きしたいのですが……」

「すみません。あまりつき合いはないので、私はわからないんですよ」

紀香がエアリーを眺めていた。

《面倒くさいな、私が何か喋ったりしたら、どんな目にあうかわからないわ》

「松岡さんの家は母子家庭ですが、ご主人はどうされたんですか?」

「さあ、仕事で出張かと思ってましたよ」

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル