top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【DDT】CDK陥落…二冠王・MAOが高梨戦に弾み 朱崇花が女子初のタッグ王座獲得

プロレス/格闘技DX

【DDT】CDK陥落…二冠王・MAOが高梨戦に弾み 朱崇花が女子初のタッグ王座獲得

『Audience 2022』東京・後楽園ホール(2022年5月22日)
KO-Dタッグ選手権試合 ○MAO&朱崇花vs高梨将弘&クリス・ブルックス×

 CDKが陥落し、MAO&朱崇花がタッグ王座戴冠。MAOはユニバーサル王座との二冠王となり、高梨との防衛戦に弾みをつけた。また、朱崇花はDDT史上初めて女子レスラーのタッグ王者となった。

 ユニバーサル王者・MAOは5・1横浜武道館大会で朱崇花を破り、2度目の防衛に成功。激闘を経て意気投合した2人は“CDK”ブルックス&高梨の保持するタッグ王座挑戦を表明した。高梨は条件としてユニバーサル王座挑戦をアピール。今大会でタッグ王座戦、6・1後楽園大会でユニバーサル王座戦が行われる運びとなった。

 序盤から両チームともに連係でせめぎ合ったが、先に主導権を握ったのはCDK。MAOを場外に連行し、入場ゲートを被せると重りを使って固定し、戦線離脱に追い込む。そして、孤立した朱崇花に集中攻撃を浴びせた。

 しかし、MAOはなんとか抜け出すと、再設置されたゲートの上からブルックスめがけてケブラーダを敢行。一転して高梨を孤立させると逆襲に出た。高梨はインサイドワークを駆使してペースをかく乱したものの、挑戦者組の攻勢は止まらず。復活した朱崇花もトラースキックやバズソーキック、シットダウンパワーボムでたたみかける。

 ブルックスが急行したものの、挑戦者組はダブルインパクト式不知火で排除。高梨が孤軍奮闘したものの、MAOのハイキック、朱崇花のスピンキック、ダブルトラースキックが立て続けにクリーンヒットする。さらに、MAOがマイク・ベイリーとのタッグで使っていた合体技・みちのくトルネードドライバーも完璧に決まった。

 ブルックスのカットが間に合うと、CDKも逆襲へ。MAOのスワンダイブ式フェニックススプラッシュを朱崇花に誤爆させると、そのMAOに照準。ブルックスがパイルドライバーを決めると、CDKのプレイングマンティスボム&トラースキックがさく裂した。朱崇花が急行しても、ブルックスはダイヤモンドカッターで鎮圧。MAOには正調プレイングマンティスボムへ。

 MAOは首固めで丸め込んで挽回。打撃戦を旋風脚で制してCDKを場外に蹴散らすと、朱崇花が場外めがけて捨て身のミサイルキックを敢行する。すかさずMAOはブルックスをみちのくドライバーIIでマットに突き刺した。フォールを返したブルックスは丸め込みやビンタ連打で粘りを見せたものの、MAOは再び旋風脚をズバリ。最後はロープを往復しての大阪臨海アッパー(ランニング掌底)で3カウントを奪った。

 CDKが3度目の防衛に失敗。MAO&朱崇花が初挑戦でKO-Dタッグ王座を奪取した。MAOはユニバーサル王座に続くベルトとなり、これで二冠王に。朱崇花は女子レスラー初のKO-Dタッグ王者となった。

 試合後、マイクを持ったMAOは「ここで初の女性でKO-Dタッグを巻いたのが朱崇花だ! おめでとう」とパートナーを祝福。肩を落としてリングをあとにした高梨に対し、「高梨さん。甲本ヒロトは言いました。『祭りの後に祭りはやらない』と。知らんけど。高梨さん、6・1後楽園、次はこの二冠王者として、あなたを迎え撃ちます。楽しみましょう」と言い放った。

 タッグ王座獲りを果たし、ユニバーサル王座防衛に弾みをつけたMAOに対し、高梨は虎の子の王座を失い、追い詰められる形に。タッグ王座を持っての海外進出の野望も立ち消えになってしまった。是が非でもタイトルマッチ2連敗は避けたいところだが、現時点では勢いに乗るMAOが絶対的有利と言えそうだ。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル