top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

[Alexandros]川上洋平、敬愛するポール・トーマス・アンダーソン監督の新作『リコリス・ピザ』について語る【映画連載:ポップコーン、バター多めで PART2】

SPICE

撮影=河本悠貴 ヘア&メイク=坂手マキ(vicca)


大の映画好きとして知られる[Alexandros]のボーカル&ギター川上洋平の映画連載「ポップコーン、バター多めで PART2」。今回は、川上さんが一番好きな映画だという『マグノリア』で知られるポール・トーマス・アンダーソン監督の新作『リコリス・ピザ』について語ります。

『リコリス・ピザ』


――『リコリス・ピザ』はどうでした?

すごく良かった。淡々と引き込まれていく感覚が心地好いですね。さすがポール・トーマス・アンダーソン。「一番好きな映画は?」と訊かれたら『マグノリア』って答えているので、ファンとしては見逃せない作品でした。話の展開としては、ふと「どういうことやねん……」って思うところはありましたが(笑)、それでも不快感はないというか。ふんわり違和感を出して、華麗に脱線しますよね。

――確かに。

広告の後にも続きます

あとこれまでポール監督ってあんまりラブストーリーの印象がなかったかも。『パンチドランク・ラブ』はコメディ要素が強かった気もするし……。

――『リコリス・ピザ』はこれまでの作品の中では一番主軸がラブストーリーですよね。

そう。だから新鮮でした。あと他の作品と比べてより洒落てたな。主役のアラナを演じているのがハイムってバンドのボーカルさんなんだよね。

――そうなんですよね。

ね。映画では観たことない顔だから、最初「新人さんなのかな?」と思ってたんだけど、「雰囲気のある表情や動きするなー」って思って調べて、「普通にこの前ラジオで曲かけてたわ」ってなりました(笑)。

――(笑)アラナはハイム家の三女ですけど、メンバーである姉ふたりとあと両親も出てましたね。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル