top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

鹿児島玉龍vs鹿児島実

高校野球ドットコム

7回二死からの4連打・鹿児島玉龍

 春4強の鹿児島玉龍、8強の鹿児島実、市民球場の開幕戦は1回戦屈指の好カードにふさわしい好勝負となった。

 先制したのは鹿児島玉龍。1回裏、無死一二塁から3番・山下薫輝主将(3年)がライト前タイムリーを放った。

 鹿児島実は3回表、一死一塁から1番・濵﨑綜馬(3年)がレフトオーバー二塁打を放って同点に追いついた。

 4回以降は鹿児島玉龍・山下、鹿児島実・赤嵜智哉(3年)、両エースを中心とした守りの前に得点できないまま回が進んだ。

 均衡が破れたのは7回裏。鹿児島玉龍は二死から1番・森田悠介(2年)がライト前ヒットで出塁。2番・塚原優成(3年)のレフトオーバー二塁打で勝ち越しに成功すると、3番・山下のライトオーバー二塁打、4番・濵﨑桜輝(3年)のセンター前ヒットと4連打を浴びせ、計3点を勝ち越した。

広告の後にも続きます

 エース山下は4回以降、毎回走者を出し、得点圏に背負ったが追加点を許さず。山下の投打に渡る活躍などで鹿児島玉龍が好勝負をものにした。

(文=政 純一郎)

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル