top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

出水中央vs鹿屋中央

高校野球ドットコム

「中央対決」は出水に軍配・出水中央

 出水中央は3回表、一死一三塁から1番・村山大志主将(3年)のレフトオーバー二塁打で2点を先取する。

 4回裏、鹿屋中央は相手の2つのエラーで2点を挙げて同点に追いついた。

 6回表、出水中央は二死ながら満塁のチャンスを作ると、7番・中津怜羅(3年)は2ボールからの3球目をライトオーバーに運ぶ走者一掃の三塁打を放って3点を勝ち越した。

 鹿屋中央はその裏、5番・松原琉輝(2年)のソロホームランで2点差とし、8回には4番・今釜陸(3年)のライトオーバー三塁打で1点差に詰め寄った。

 9回裏も先頭打者が出塁し、三塁まで進んで一打同点のチャンスを作ったが、出水中央のエース坂口颯翔(3年)が踏ん張り、出水と鹿屋の「中央対決」は1点差で出水に軍配が上がった。

広告の後にも続きます

(文=政 純一郎)

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル