top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

北川景子が純白ドレスで“美肩”披露 映画『大河への道』公開初日舞台挨拶

フィールドキャスター





5月20日、東京の丸の内ピカデリーにて、映画『大河への道』の公開初日舞台挨拶が行われました。



物語の舞台は、千葉県香取市。
地元を盛り上げるために、郷土の偉人・伊能忠敬を主役にした大河ドラマの開発が進むが、驚くべき新事実が発見される。それは 1821年に「史上初の日本地図を完成させたのは、あの伊能忠敬ではなかった!」ということ。では一体、初の日本地図は誰がどのように作ったのか!?
江戸時代に隠された驚きの秘密をひも解く、爆笑エンタテインメント作品です。



キャストは、中井貴一さんや松山ケンイチさんや北川景子さん。
豪華キャストが、江戸時代と現代で1人2役を演じます。



舞台挨拶に、北川さんはノースリーブの純白ドレスで登壇。
輝く“美肩”に思わずドキッ(笑)



無事に公開を迎えられ、「コロナ禍で皆で力を合わせて作った。力を合わせて1つのものを作るというのが、この映画の内容と私にはすごくリンクした。人が心を通わせれば、1つの大きなものができるんだと、私自身すごくこの作品から勇気をもらった。皆さんに観ていただけるのが嬉しい」と喜びました。



「ピラミッドと同じくらいの驚きがある」と、以前語っていたという北川さん。
それはどういった部分なのか? 尋ねると「(ピラミッドのように)たくさん石を積み上げて作るものなんて、今人間ができるのかなと思う。この映画も脚本を読み、何気なく見ていた日本地図が一人の人間が『こういうものを作りたい』というところから始まり、何人もの人がその人について行き、諦めずにやって完成した。だから、日本地図ってピラミッドと同じすごいものなのでは?と感じた。上から撮影とかもできない時代ですし‥ 気が遠くなるような作業だったのでは?」と映画の内容に触れつつ、偉人たちの偉業に関心を寄せました。



映画『大河への道』は大ヒット上映中!
配給:松竹 
©️『大河への道』フィルムパートナーズ


TOPICS

ランキング

ジャンル