top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

大事な仕事が滞っているのに、肝心な報告をしてこない部下…どう諭す?【上司力を鍛えるケーススタディ CASE 3】(前川孝雄)

J-CAST会社ウォッチ

「前川孝雄の『上司力(R)』トレーニング~ケーススタディで考える現場マネジメントのコツ」では、現場で起こるさまざまなケースを取り上げながら、「上司力を鍛える」テクニック、スキルについて解説していきます。

今回の「CASE 3」では、「肝心な報告をしてこない部下」のケースを取り上げます。

どうして、すぐに報告・相談しないんだ!

【上司(課長)】Bさん。ところで、D商会さんとの商談の件はどうなってるのかな?
【部下(Bさん)】はい。まだお返事を頂いていませんが…。
【上司(課長)】もう1週間以上も経つのに、何の返事もないの?
【部下】いえ。一度連絡があり、提案内容がいまひとつしっくりこないので迷っているとのことでした。
【上司】えっ! それでどうしたんだ?
【部下】あらためて「ぜひご検討ください」とお願いして、お返事を待っているところです。
【上司】それなら、どこがしっくりこないかご感想を聞いて、フォローすべきだろう。どうしてすぐに報告・相談しないんだ!
【部下】先方が特に何もご質問されないので、いいのかな…と思いまして。
【上司】大切な商談なのに、そんな勝手な判断は困るな! ホウレンソウがなってないぞ!
【部下】はぁ…。

大切な商談を任せたにもかかわらず、なんら報告してこない部下。しびれを切らした上司が状況を確認すると、商談が暗礁に乗りかけているにも関わらず、自己判断で何ら手を打たず、放置している状態。上司からすると「この大事なタイミングで報告・相談をしてこないとは何事か!」という場面ですね。

とくに若手社員などで、適切なホウレンソウ(報告・連絡・相談)の習慣がなかなか身につかない部下はいるものです。こうした部下に対し、あなたならどう諭しますか?

あらためて「ホウレンソウは仕事の基本だ」と言い聞かせ、徹底を促す?

上記のケースのように、部下が大事な場面で報告や相談を怠ったならば、上司は次のように対応することが考えられるでしょう。

広告の後にも続きます

「私に何の相談もなく進めているけれど、ホウレンソウ(報告・連絡・相談)は仕事の基本だよ」と再度言い聞かせ、報告が重要であることを徹底させる。

冒頭ケースのように、いきなり??りつけるのではなく、相手が受け入れやすいように、冷静に諭す内容としては順当とも考えられます。ただ、私は、若手社会人から、次のような意見をよく聞くのです。

「上司からは『あなたに任せる』と言われたのに、時々思い立ったように『ちゃんと報告しろ』のなんのと口出しされる。理不尽だ」
「上司は『自分でしっかり考えて行動するのが社会人だ』と言うくせに、任せた仕事が思うように運ばないと『なぜちゃんと報告・相談しなかったんだ!』と叱責する。どうしていいかわからない」

すなわち、「会社員なのだから、任されたからといって、上司に報告をしなくていいわけがないだろう」というのは上司側の理屈ではあっても、部下にとっては理解しにくい場合もあるのです。

定期的な報告の機会をつくり、適切な習慣を身に着けさせる

とくに、経験が浅い部下に対しては、仕事を任せる際に、あらかじめ「途中経過の報告や相談をするように」と教えておくことが必要です。また、単に報告や相談を求めるのではなく、なぜそれが必要なのかも話しておきましょう。どんな仕事も一人ではできないこと、情報が共有されれば、上司や周囲から適切なサポートを受けられることなどを、噛んで含めるように言って聞かせることです。

ただし、問題になりがちなのは、部下が自分で報告すべきタイミングを見極められないケースです。そうした部下には、次のような働きかけが考えられます。

「週に一度は、必ず進捗状況を報告しなさい」と指示をしたうえで、「チームで仕事をするには情報共有が大事なんだよ」と教える。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル