top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

今年を代表する邦画 “2人だけ”の地獄を美しく切り取る 『流浪の月』レビュー

映画スクエア

はじめに

 お疲れ様でございます。茶一郎です。映画スクエアpresents「スルー厳禁新作映画」第2回目の作品は、『流浪の月』です。公開規模が大きい作品ではありますが、他のゴールデンウィーク公開の新作に埋もれている感もありますので、こちらで取り上げさせて頂きます。

 凪良ゆうさんの同名ベストセラーを『悪人』『怒り』の李相日監督が映像化した『流浪の月』は、他人を理解する事の危うさを静かに描く秀作であり、「笑ってごまかすしかない」地獄も描く広瀬すずさんの「笑顔」についての映画。『パラサイト/半地下の家族』『バーニング』撮影監督ホン・ギョンピョによるパーフェクト・ショット集。フィクションでしか描けない理想の人間関係を軸として美しい孤独な魂の触れ合いを描く逸品でした。具体的にどんな映画なのか?ということでお願い致します。

あらすじ

 映画が始まるとキーキーと耳障りな音が観客の耳を刺激します。この音は主人公・更紗が10歳の時、公園のブランコを漕いでいる、そのブランコの金属と金属、錆が擦れる音と分かります。ここでカメラはブランコをこぐ更紗と一緒に上下に揺れる。更紗の背中にピントを合わせながら、続いて更紗の目線の先、公園の生垣の先、ベンチに座り一人読書をしている謎の男にピントが合っていく。公園にいる孤独な2人が映像的に繋がっていく。耳からの目。この冒頭一連の美しいショットから前屈みになりました。“おっ何か良いぞ『流浪の月』”と。

 謎の男・19歳の文は、雨に濡れている更紗に傘を差し出し「うちにくる?」「行く」と、ここから文と更紗2人の共同生活が始まります。しかし世間的には19歳の男による10歳の少女の「誘拐事件」として扱われ、更紗は被害者として保護、文は誘拐の加害者として逮捕。孤独な2人の自由で幸せな共同生活は幕を閉じてしまいます。その15年後、大人になった更紗は、偶然にも文と再会を果たすことになるというお話です。

どんな映画?

 ベストセラー、本屋大賞という原作の存在は知っていたんですが、読んではいなくて、予告で物語を知って、ちょっと個人的には危うい話なのかな?と。19歳の大学生と見ず知らずの10歳の少女が共同生活。ともすれば小児性愛を肯定するような話なのかとか、監禁誘拐で被害者が加害者に共感・好感を抱いていく、ストックホルム症候群の話なのかとか。ちょっと危ういなーと思って映画を観ましたが、そういう話ではないというのが原作でもあり、映画『流浪の月』のキモで、何ならむしろ「どうせロリコンの映画でしょ」という事前の私の思い込みを突き返すような、その先を見せるパワーを持った物語だと思いました。もちろん危うさが100%払拭されている訳ではないですが。

広告の後にも続きます

 『流浪の月』はとにかく「2人だけの映画」なんですよね。更紗と文、文と更紗、唯一心の傷を共有できる分かち合える2人だけの物語が『流浪の月』です。この2人の関係性に物語の、映画のパワーが宿っていると。ただ同時にとっても更紗と文の2人は、フィクショナルな関係な訳ですよ。先ほどのあらすじの通り、いきなり傘差し出して「くる?」「行く」と、こんな風に言ってしまうと、そんな馬鹿なというおとぎ話なんですが、その更紗と文の出会いと関係性を「フィクションすぎない?」「共感できない」と否定せず真っ向から作り手が2人の関係性に挑んで、信じて、描写して、そのフィクションから2人の関係性の「先」を見せようとしている。それがこの『流浪の月』という物語、映画の美しい所だなと思いました。

 原作の帯には「愛ではない。けれどそばにいたい」というコピーがあります。小児性愛とか、ストックホルム症候群とは、愛とは別の次元の孤独な2人の魂と魂の共鳴ですよね、ちょっと映画観ていない方には「お前、何言っているんだ」と思われてしまうと思いますが、個人的にはこの関係性、共感はできないけど理想的ではある。フィクションでしか存在し得ないだろうなという2人の関係性を、作り手が強く信じたが故に、本当に今までの作品にはないような美しく、清々しい2人だけの映画になっていました。

素晴らしい撮影と映像

 ちょっとネタバレを避けるために抽象的な表現が続いて申し訳ないです。「2人だけの映画」という意味で、原作はもちろん、映画ではより2人の物語を映像にする分、関係性を観客に納得させないといけない訳ですが、特に映像・撮影によってその更紗と文の関係を描くことに成功していると思います。映像・撮影が素晴らしい映画という『流浪の月』です。

 今回、撮影監督はまさかのホン・ギョンピョ。『バーニング劇場版』、数々のポン・ジュノ作品に携わった、何より『パラサイト/半地下の家族』の世界トップのカメラマンが撮影監督をしております。李相日監督の『怒り』をポン・ジュノ監督がお好きで、ポン・ジュノ経由でお繋がりになったそうです。ホン・ギョンピョの撮影はこの『流浪の月』に登場するそれぞれのキャラクターの孤独、それぞれ2人の欠けた月の心の傷、その欠けた月同士が合わさって1つの満ちた月になる、「更紗と文」の2人だけの世界に説得力を持たせています。

 冒頭のブランコに乗る更紗と文を、ピントの変更だけでワンショットで見せるダイナミックながら繊細な撮影からそうですが、とにかく『流浪の月』は被写界深度が浅い。浅い被写界深度ファンの皆様、お待たせしました。『流浪の月』は被写界深度の映画ですね。全編、広瀬すずさん=更紗だけにピントがあった画ばかりが映されます、当然ながらこれは更紗の孤独を分かりやすく強調しています。

 「誘拐事件の被害者」というレッテルを貼られて、15年生きてきた孤独な更紗。「私、かわいそうな子じゃないよ」というセリフが印象的ですが、「かわいそうな子」という記号化に苦しむ更紗の孤独を強調するように、被写界深度はどんどんと浅くなる、更紗だけにピントが合って、周りの世界はぼやけていく。世界から隔絶されている更紗を一貫して強調し続けると。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル