top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

故意のOGで2年活動停止のDF、八百長阻止が認められ処分が6カ月に短縮される

超ワールドサッカー

故意のOGで2年活動停止のDF、八百長阻止が認められ処分が6カ月に短縮される

ガーナ人DFハシュミン・ムサの処分が軽減されたようだ。

2021年7月、当時ガーナ・プレミアリーグに属していたインターナショナル・アライズでプレーしていたムサは意図的に2つのオウンゴールを記録した。

アシャンティ・ゴールドとの一戦で、5-0の状況から自らのチームのネットを2度揺らしたことは、大きな波紋を呼んでいた。ムサは試合後に「(5-1のスコアに賭けられていた)八百長を阻止するためだった」と、理由を語っていた。

ガーナサッカー協会(GFA)から24カ月の活動停止を課せられていたムサだが、この度処分が緩和。事実の全容解明に助力したとしてGFAはムサに対する処分期間を6カ月に短縮したと、『ガーナ・ウェブ』が16日に伝えている。また、該当の両チームは2部に降格。約20人の選手には改めて24カ月の制裁期間が課せられたとこのことだ。

なお、ムサはすでにチームを去り、ニジェールのユニオン・スポーティブ・ジェンダーマリー・ナショナルに加入している。



いよいよクライマックス!
CL決勝「リヴァプールvsレアル・マドリード」
5/29(日)午前3時~WOWOWで生放送・ライブ配信!
>>無料トライアルはこちら

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル