top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

チリのペレイラが首位で最終日へ 星野陸也36位 松山英樹55位

GDO

チリのペレイラが首位で最終日へ 星野陸也36位 松山英樹55位

◇メジャー第2戦◇全米プロゴルフ選手権 3日目(21日)◇サザンヒルズCC (オクラホマ州)◇7556yd(パー70)

2位から出たミト・ペレイラ(チリ)が5バーディ、4ボギーの「69」で回り、通算9アンダーのまま単独首位に立った。

予選ラウンドをトップで通過したウィル・ザラトリスは3つスコアを落として6アンダー。マシュー・フィッツパトリック(イングランド)と並んで3打差の2位で最終日に向かう。

5アンダー4位のキャメロン・ヤングまでの4人はPGAツアーでの優勝経験がない選手。世界選手権シリーズ(WGC)1勝のアブラム・アンセル(メキシコ)が首位に5打差の5位と、初のメジャータイトルをかけたフレッシュな面々が上位を占めた。

いずれもメジャー覇者のジャスティン・トーマス、バッバ・ワトソン、スチュワート・シンクが2アンダーの7位で並んだ。

広告の後にも続きます

4オーバー64位で決勝ラウンドに進んだ星野陸也が4バーディ、3ボギーの「69」で回り、通算3オーバーの36位に浮上した。同じく4オーバーから出た松山英樹は3バーディ、3ボギー1ダブルボギーの「72」。通算6オーバーにスコアを落としたが、順位は55位に上がった。

タイガー・ウッズは大会自己ワーストの「79」をたたいて12オーバーの76位に沈み、ホールアウト後に棄権した。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル