top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「ジル・サンダーのバッグ」がお得に手に入る“ほぼ知られていない購入法”

日刊SPA!

「ジル・サンダーのバッグ」がお得に手に入る“ほぼ知られていない購入法”

―[MBのヘビーユース180(心底惚れ込んで愛用しているアイテム)]―

◆124/180 キャンバストートバッグ(JIL SANDER)約6万円

 ハイブランドは高級品で手を出しづらい……。私もそう思っていましたが、実は買い方や考え方次第でかなり賢く手にすることができるのです。

 今回紹介しているジル・サンダーのバッグですが、私はこちらレザーバージョンとキャンバスバージョンで2個持っています。

 サイズが非常に使いやすく、PCもすっぽり大容量を収納できる。そのうえ、軽い荷物しか入れなくても型崩れしません。

◆無地のシンプルコーディネートと好相性

 日常使いにも1泊2日の旅行にも使えて、さらにいずれの素材も耐久性が高く経年で進化してくれるものなのでヘビーユースにも適しています。

 デザインもさすがジル・サンダー。無地のシンプルコーディネートに合わせるとちょうどいいアクセントとなり、オシャレに。「どこのブランド?」とツッコまれた際もドヤ顔で「ジル・サンダーだよ!」と言えます(笑)。

◆実はアウトレットでも購入可能

 そうなると難点は値段だけなのですが、実はこちら御殿場のアウトレットにて60%OFFの約6万円で購入したもの。

 というのも、ジルサンダーはミニバッグは飛ぶように売れるものの、大きなトートバッグはイメージが薄いせいか、店頭ではなかなか売れないようで、毎シーズン必ずアウトレットにいくつかの在庫が出ています。

 アウトレットではすぐ売り切れてしまいますが、夏は9月、冬は3月頃がアウトレットの入荷時期。そのタイミングを狙えばかなりの確率でGETできるでしょう。

◆「アウトレット」と「リセール」の合わせ技

 しかも、ジルサンダーはハイブランドだけあってリセールバリューも相応に高い。1年使い込んでもアウトレットで払った金額のかなりの割合を回収できます。安く購入して満足いくまで使い込んで、その後はメルカリでリセールする。そう考えるとわずかなお金でハイブランドのバッグが楽しめます。

 日本のミドルレンジのブランドではリセールバリューはこうも高くなりません。実はハイブランドは「アウトレット」と「リセール」の合わせ技を使うと高コスパで満足度を得られるのです。

 ちなみに洋服はリセールに適さないので要注意です。この技、あまり広がると私の優位性がなくなるのでここだけの内緒です……(笑)。

商品、衣装/すべて私物 撮影/山川修一(商品) 岡戸雅樹(人物)

【MB】
ファッションバイヤー。最新刊『MBの偏愛ブランド図鑑』のほか、『最速でおしゃれに見せる方法 』『最速でおしゃれに見せる方法』『幸服論――人生は服で簡単に変えられる』など関連書籍が累計200万部を突破。ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法」、ユーチューブ「MBチャンネル」も話題に。年間の被服費は1000万円超! (Twitterアカウント:@MBKnowerMag)

―[MBのヘビーユース180(心底惚れ込んで愛用しているアイテム)]―

TOPICS

ジャンル