top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ジョコ「左利きは難しい」

テニス365


会場で練習を行うジョコビッチ
画像提供:Getty

22日に開幕するテニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は21日、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が記者会見に登場し、ドローについて言及した。

>>ジョコビッチ、ナダルら 全仏OP男子 組合せ<<

>>ジョコビッチvs西岡 良仁 1ポイント速報<<

全仏オープンの本戦ドローは19日に公開され、ディフェンディングチャンピオンで3度目の優勝を狙うジョコビッチは、1回戦で世界ランク94位の西岡良仁と対戦する。

またトップシードのジョコビッチがいるトップハーフには、第3シードのA・ズベレフ(ドイツ)、第5シードのR・ナダル(スペイン)、第6シードのC・アルカラス(スペイン)が入り、ともに勝ち上がると準々決勝でジョコビッチとナダルが対戦する可能性がある。

21日に行われたジョコビッチの記者会見のコメントが同大会の公式サイトに掲載され、「左利きとの対戦は難しい」と語った。

「ドローを見ていたよ。どの選手も必ずドロー全体を見て、研究していると思う」

「次の試合に向けて集中するのみ。男子のトップハーフはとてもタフなドローだ。これまで右利きの選手とばかり練習してきたので、左利きとの対戦は難しいね」

ジョコビッチと西岡の対戦は今回が3度目で、これまでの2度の対戦ではいずれもジョコビッチがストレート勝ちをおさめている。

両者の1回戦は大会2日目の現地23日以降に予定されている。

今大会の第1シードはジョコビッチ、第2シードはD・メドベージェフ、第3シードはズベレフ、第4シードはS・チチパス(ギリシャ)、第5シードはナダル、第6シードはアルカラス、第7シードはA・ルブレフ、第8シードはC・ルード(ノルウェー)。



[PR]全仏オープンテニス
5/22(日)~6/5(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信

■放送&配信スケジュールはこちら>

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル