top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ルーキーの進撃に“待った” 38歳O・サタヤがスランプ乗り越え5年ぶりV

ゴルフ情報ALBA.NET

ルーキーの進撃に“待った” 38歳O・サタヤがスランプ乗り越え5年ぶりV

<ツインフィールズレディース 最終日◇21日◇ゴルフクラブ ツインフィールズ ゴールドコース(石川県)◇6509ヤード・パー72>

2戦前の「フンドーキンレディース」で大林奈央が、前戦の「九州みらい建設グループレディース窓乃梅カップ」では桑山紗月がプロ初優勝。ルーキー2連勝中の勢いに“待った”をかけたのが、38歳のベテラン、O・サタヤ(タイ)だった。


2日目終了時点で首位と1打差の2位。単独トップにいたのは、やはりルーキーの泉田琴菜だった。泉田、大林の新人ふたりとの最終組でスタートしたサタヤは、1番パー5で幸先よくバーディ先行。「今週はショットが安定していた。特にパー5のウェッジショット」と話す通り、4つのパー5すべてでバーディを奪って「71」。トータル3アンダーで逆転Vを決めた。

2010年から日本ツアー本格参戦。同年のステップ・アップ・ツアー「山陽新聞レディース」で早速勝利を挙げると、2013年「ほけんの窓口レディース」でレギュラーツアー初優勝を果たした。14年、17年にも勝利をつかんだが、2018年から歯車が狂い始める。

「2018年から右手が震えるようになってしまった。プレッシャーなのか、ティをさすのも難しいこともあった。多分、ストレスだと思う。だいぶ良くはなってきたけど、きょうも少し震えていた」

満足なプレーができるはずもなく、17年に取り戻したレギュラーツアーシード権は1年で喪失した。19年からはステップが主戦場。これまで満足な結果を残せていなかったが、ついに5年ぶりの美酒に酔った。そのカムバックの裏には、家族への愛情があった。

「試合前はリラックスすることを心掛けている。今朝もタイの家族に電話してからコースに来た。話すことは何でもいい。私のことを信じてくれている大切な家族がいるから、頑張れる。コロナ禍でも日本でプレーできている私は幸せ者です」。遠く離れた故郷に捧げる復活Vだった。

単独2位に入った川崎春花や「66」を叩き出した竹田麗央をはじめ、トップ10にはプロ1年生が6人入った。目覚ましい活躍を続けるルーキーたちだが、今回は百戦錬磨のベテランに軍配。これからも壁となって、若手の前に立ちはだかる。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル