top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【オークス予想】距離が延びてよさそうな血統背景、初の2400mもこなせそうな底力に期待

netkeiba.com

【オークス予想】距離が延びてよさそうな血統背景、初の2400mもこなせそうな底力に期待

 牝馬クラシック第2弾の「オークス」。桜花賞がスピードと瞬発力を競うのに対して、こちらはスタミナ、そして底力が問われるレースだ。

 昨年は人気を背負ったソダシが馬群に沈み、ユーバーレーベンが追い込み勝ちを決めた。3歳春の牝馬限定戦だけあって距離に対して必要以上にナーバスになる必要はないと思えるが、スプリンター系よりは距離延びて良さそうな馬を拾い上げたい。

 ◎サークルオブライフは阪神ジュベナイルフィリーズの優勝馬で、昨年の2歳女王。内枠を引いたチューリップ賞はポジションを取りに行ったことが災いし、外を回らされた桜花賞はイン伸びの馬場に泣かされた。

 それでも大きくは負けておらず、改めて能力を示した格好だ、東京競馬場はアルテミスSで経験済み。あのときは、強力なメンバーを相手に、とても届きそうもないような位置から長く良い脚を使って差し切った。エピファネイア産駒で、母の父は菊花賞2着アドマイヤジャパン。距離延長に関して、少なくとも大きく割り引く必要はなさそうだ。

 〇ウォーターナビレラはファンタジーS優勝馬で、桜花賞2着。先行力と類まれなレースセンスを持ち合わせ、マイル以下では抜群の安定感を示してきた。

 スピード能力が高い馬ゆえに距離延長がどうかだが、条件戦とはいえシルバーステートが2000mの優勝馬で、母シャイニングサヤカがキングヘイロー×マヤノトップガンなら、少なくともスプリンターではない。東京競馬場、左回りの実戦が初めてとなるのはマイナスだが、総合能力に期待したい。

 ▲アートハウスは忘れな草賞の優勝馬。モーリスやゴールドアクターを輩出したスクリーンヒーロー産駒で、母は秋華賞2着、そしてフローラS2着のパールコード。祖母マジックコードはカナダの最優秀古牝馬。煌びやかで、スケールの大きな配合馬だ。

 芝2000mの新馬戦を楽勝し、前走の忘れな草賞はスローペースの流れを中団で折り合い、早めに抜け出して最後1ハロンは11.1秒。血統的には晩成型で、現時点でのキャリア不足は否めないが、将来が楽しみな逸材だ。

 △スターズオンアースは桜花賞馬。先行力があって、狭いところも割って出れる器用さ、勝負根性が武器だ。ドゥラメンテ産駒で、祖母が仏オークス馬なら距離の心配はしなくてよさそうだが、この枠はどうだろうか。

 △ルージュエヴァイユはフローラS5着馬。今年2月のデイジー賞で破った相手は、その次走で4馬身差をつけて勝ち上がっている。母は未出走馬だが、祖母デインドリームは凱旋門賞に勝ち、ジャパンカップは6着とはいえ勝ったブエナビスタから0.5秒差だった。ジャスタウェイ産駒は長距離に実績があり、混戦になればこの馬の決め手、底力は怖い。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル