top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

今夜22日「金田一少年の事件簿」第4話!白蛇蔵殺人事件が初のドラマ化

シネマトゥデイ

白蛇蔵殺人事件が初のドラマ化 – (C) 日本テレビ

 道枝駿佑(なにわ男子)が主演を務める日本テレビ系のドラマ「金田一少年の事件簿」(毎週日曜)の第4話が、本日22日よる10時30分から放送される。「白蛇蔵殺人事件」のエピソードがドラマ化されるのは初となる。

 名探偵の金田一耕助を祖父に持つ天才高校生探偵・金田一一(きんだいち・はじめ)が、難事件を解き明かす謎解きミステリードラマシリーズ。道枝主演の新シリーズでは、数多くのエピソードの中から選りすぐりのエピソードが現代の視点で再構築される。

 第4話では、白い蛇を神様の使いとして崇めているという白蛇村が舞台となる。家族で旅行中のはじめ(道枝)と美雪(上白石萌歌)は、とある殺人事件の犯人を追う剣持警部(沢村一樹)と遭遇する。訪れた白蛇村で3人は、怪しげに顔をマスクで隠した男が酒造に入っていくのを目撃する。

 男は、酒屋「白蛇酒造」の社長・音松(小野武彦)の次男・蓮月で、5年前の火事により行方不明だったものの、失った記憶が戻り2か月前に帰宅。火事の後遺症で顔や声は変わったが、DNA鑑定で血縁関係は証明済みという。

 そして、はじめたちは、杜氏見習いの鷺森(岡山天音)の案内で、職人の黒鷹(寺島進)たちが作業する酒蔵を見学するが、樽の中に浮かぶ蓮月の死体を発見する。長男の左紺(吉田悟郎)が疑われるも、その姿は消え、次なる悲劇が起こる。

広告の後にも続きます

 なお、白蛇旅館の女将役でりょう、音松の三男役で辻岡甚佐、音松の亡くなった妻役で松浦佐知子らが出演する。(編集部・梅山富美子)

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル