top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ジュディ・ガーランド生誕100年記念(Part 6)スタジオ録音のベスト「ジュディ・イン・ラヴ」~「ザ・ブロードウェイ・ストーリー」番外編

SPICE

ユニバーサル ミュージックから6月8日にリリースされる、「ジュディ・ガーランド/ジュディ・イン・ラヴ」(UCCU-45041)¥1,980(税込)



ザ・ブロードウェイ・ストーリー The Broadway Story [番外編]
ジュディ・ガーランド生誕100年記念(Part 6)スタジオ録音のベスト「ジュディ・イン・ラヴ」

文=中島薫(音楽評論家) text by Kaoru Nakajima

レコーディング中のガーランド Photo Courtesy of Scott Brogan


 今年2022年に生誕100年を迎える、ミス・ショウ・ビジネスことジュディ・ガーランド(1922~69年)。Part 3~5では、それを記念して、ユニバーサル ミュージックが6月8日にリリースする10タイトルのCDから、お薦めのアルバムを4作品紹介してきた(下記一覧参照)。今回は、Part 5で取り上げた「アローン」(1957年)に続き、彼女が1958年に発表した「ジュディ・イン・ラヴ」。ブルー・バラード集だった渋めの前作とは打って変わって、上記ジャケットでお分かりのように「陽」の雰囲気が横溢する楽しいアルバムだ。
 

■円熟期のガーランドを支えた名アレンジャー

広告の後にも続きます

「スタア誕生」(1954年)で〈スワニー〉を歌い踊るガーランドの撮影風景 Photo Courtesy of Scott Brogan


 1939年の「オズの魔法使」でブレイク後、「若草の頃」(1944年)や「イースター・パレード」(1948年)など数々のMGMミュージカルに主演したガーランド。ところが過密スケジュールをこなすため、映画会社は10代の彼女に睡眠薬と興奮剤を交互に投与する。結果的に精神を病み、頻繁に撮影に穴を開けた事が原因で、1950年にMGMから解雇された。以降コンサートに活路を見出した後、1954年に「スタア誕生」で起死回生のカムバック。翌1955年に、キャピトル・レコードと契約を交わす。以前より声量は増し、表現力も格段の進歩を遂げた彼女にとって、キャピトル時代は正に円熟期。優れた録音を次々に発表した。

編曲家ネルソン・リドル(右)と Photo Courtesy of Scott Brogan


 「ジュディ・イン・ラヴ」は、ガーランドが1958年5~6月に録音したアルバム。ライヴ盤を別として、本作をベストに挙げるファンも多い。その大きな理由の一つが、編曲家ネルソン・リドル(1921~85年)とのコラボレーションだろう。彼こそは、アメリカを代表するポップス&ジャズ系の辣腕アレンジャー。フランク・シナトラとの仕事が最も有名だが、他にもナット・キング・コールやペギー・リー、エラ・フィッツジェラルドにディーン・マーティンら大物歌手と組み、数多くの名盤を世に送り出した。また、オペラ歌手のキリ・テ・カナワや、ロック&ポップス畑のリンダ・ロンシュタットが、スタンダード・ナンバーに挑戦するアルバムを製作する際、真っ先に名前を挙げた編曲家がリドルだった。

リドルが編曲を手掛けた、リンダ・ロンシュタットのスタンダード・ナンバー集「フォー・センティメンタル・リーズンズ」(1986年)。リドルにとって、生涯最後のアルバムとなった。


■一歩引いた編曲の妙味

 本作はタイトル通り、恋をした喜びを歌う珠玉のラヴ・ソング集だ。巻頭一曲目の〈ジング! ウェント・ザ・ストリングス・オブ・マイ・ハート〉が、まず素晴らしい。これはガーランドが、1935年9月にMGMのオーディションで歌った、彼女にとっては忘れられないナンバーだった。リドル指揮のビッグ・バンドの伴奏に乗って、「あなたが微笑めばメロディーが聞こえる。私の心の琴線は、音を立てて鳴り響くの」と弾むように歌うガーランド。天賦の才とも言える絶妙のスウィング感が見事で、こちらの気持ちも浮き立って来る。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル