top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

PK戦を制した10人のライプツィヒが3度目の決勝で初優勝を飾る!《DFBポカール》

超ワールドサッカー

PK戦を制した10人のライプツィヒが3度目の決勝で初優勝を飾る!《DFBポカール》

DFBポカール決勝のフライブルクvsRBライプツィヒが21日にベルリン・オリンピアシュタディオンで行われ、1-1で120分が終了。その後、PK戦を4-2で制したライプツィヒが初優勝を飾った。

準決勝で2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)のハンブルガーSVを下したフライブルクは、先週の最終節レバークーゼン戦の先発からチョン・ウヨンをグルデに変更した以外は同じ先発メンバーを採用した。

一方、準決勝で原口元気らを擁するウニオン・ベルリンを下して、2年連続の決勝へ駒を進めたライプツィヒは、先週の最終節ビーレフェルト戦の先発からアンヘリーニョをクロステルマンに変更した以外は同じ先発メンバーを採用した。

共に初優勝となる両者の一戦は、フライブルクが19分に先制する。最終ラインからのロングパスで左サイドのスペースに抜け出したギュンターが折り返しを供給すると、中央のR・サライのトラップミスが絶妙な落としとなると、ゴール前に走りこんだM・エッゲシュタインがコントロールショットをゴール左隅へ流し込んだ。

先制を許したライプツィヒはすぐに反撃。すると24分、アンドレ・シウバの左クロスをホフラーがバックヘッドでGKに戻そうとしたボールをゴール前のエンクンクが右足ボレーで合わせたが、シュートはGKフレッケンが体に当て、ゴールライン手前でN・シュロッターベックにクリアされた。

ハーフタイムにかけては、ボールを保持するライプツィヒが攻勢をかける展開となったが、フライブルクの粘り強い守備を前にジャブを打つに留まり、やや攻めあぐねる状態でハーフタイムを迎えた。

迎えた後半はライプツィヒが主導権を握ったが、57分にロングフィードを中盤で競り合ったハルステンベルクがホーラーにうまく入れ替わられると、後ろから引き倒してしまい一発退場。

数的不利となったライプツィヒは、61分にフォルスベリとアンドレ・シウバを下げてショボスライとムキエレを、69分にカンプルを下げてダニ・オルモを投入。

すると76分、セットプレーのこぼれ球を中盤で拾ったライマーがボックス内へロングパスを供給すると、ボックス右のオルバンが頭で折り返したボールを、最後はゴールエリア左に走り込んだエンクンクが右足で流し込んだ。

さらにライプツィヒは85分にも、ヘンリクスの左クロスからダニ・オルモに決定機が訪れたが、シュートはわずかにゴール左に外れた。結局、試合はそのまま1-1で90分を終了。

延長戦に突入した試合は、膠着状態が続いたが103分にフライブルクがチャンスを迎える。ハベラーのシュートが右ポストに弾かれると、こぼれ球にデミロビッチが反応したがシュートは枠の上に外れた

対するライプツィヒは117分、ボックス左から縦に仕掛けたダニ・オルモがホフラーのタックルで倒されたが、オンフィールドレビューの結果はノーファウルと判定された。

結局、試合は1-1のまま120分が終了し、決着はPK戦に委ねられた。そのPK戦では、4人全員が成功したライプツィヒに対し、フライブルクは2人目のギュンターと4人目のデミロビッチが失敗。この結果、4-2でPK戦を制したライプツィヒが3度目の決勝戦で初優勝を飾った。

7日間無料トライアル実施中!『ブンデスリーガLIVEアプリ』
>詳しくはこちら

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル