top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

松山英樹は連日の「72」で通算6オーバー 悔しさにじませ「そうそう良くなる気配がない」

ゴルフ情報ALBA.NET

松山英樹は連日の「72」で通算6オーバー 悔しさにじませ「そうそう良くなる気配がない」

<全米プロゴルフ選手権 3日目◇21日◇サザン・ヒルズCC(米オクラホマ州)◇7556ヤード・パー70>

ムービングデーに浮上とはならなかった。松山英樹は3バーディ・3ボギー・1ダブルボギーと3日連続となる「72」。スコアを2つ落としてトータル6オーバーでホールアウトした。


出だしの1番でティショットはフェアウェイバンカーにつかまりながらも約13.8メートルを沈めてバーディ発進を決めると、その後も粘り強くパーを並べて折り返す。だが、12番でグリーン手前の池につかまりダブルボギーとすると、バーディを挟んで3連続ボギー。1つ獲り返したが、悔しい一日となってしまった。

ホールアウト後のインタビューではかなりの寒さとなったことを聞かれ「今年のマスターズで経験しているんでさほどびっくりすることはなかったけど、ゴルフがうまくいかないですね」と話した松山。「そうそう良くなる気配がない。(あしたは)前半みたいに良い感じでしのいでいけるように頑張りたい。時間がいっぱいあるのでゆっくり寝て、明日に備えたい」

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル