top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ソン・ガンホ、カン・ドンウォン、ぺ・ドゥナらの撮影舞台裏を公開 映画『ベイビー・ブローカー』からメイキングカット7点を解禁

SPICE

(C)2022 ZIP CINEMA & CJ ENM Co., Ltd., ALL RIGHTS RESERVED


6月24日(金)に封切られる映画『ベイビー・ブローカー』から、本ポスタービジュアルとメイキングカットが公開された。

『ベイビー・ブローカー』は、『そして父になる』や『万引き家族』などの是枝裕和監督が初めてメガホンをとった韓国映画。子供を育てられない人々が匿名で赤ちゃんを預ける “ベイビー・ボックス”を巡るオリジナルストーリーを描いた作品だ。『パラサイト 半地下の家族』などで知られるソン・ガンホ、『MASTER/マスター』などのカン・ドンウォン、『空気人形』などのペ・ドゥナ、シンガーソングライター“IU”としても知られるイ・ジウン、『梨泰院クラス』などのイ・ジュヨンらが出演している。

古びたクリーニング店を営みながらも借金に追われるサンヒョン(ソン・ガンホ)と、赤ちゃんポストがある施設で働く児童養護施設出身のドンス(カン・ドンウォン)。ある土砂降りの雨の晩、彼らは若い女ソヨン(イ・ジウン)が“赤ちゃんポスト”に預けた赤ん坊をこっそりと連れ去る。彼らの裏稼業は、ベイビー・ブローカーだ。しかし、翌日思い直して戻ってきたソヨンが、赤ん坊が居ないことに気づき警察に通報しようとしたため、2人は仕方なく白状する。「赤ちゃんを大切に育ててくれる家族を見つけようとした」という言い訳にあきれるソヨンだが、成り行きから彼らと共に養父母探しの旅に出ることに。一方、彼らを検挙するためずっと尾行していた刑事スジン(ぺ・ドゥナ)と後輩のイ刑事(イ・ジュヨン)は、決定的な証拠をつかもうと、静かに後を追っていく。

(C)2022 ZIP CINEMA & CJ ENM Co., Ltd., ALL RIGHTS RESERVED


広告の後にも続きます

ポスタービジュアルでは、赤ちゃんポストに預けられた赤ん坊を連れ去った、ベイビー・ブローカーのサンヒョン(ソン・ガンホ)とその相棒ドンス(カン・ドンウォン)、2人の裏稼業を知ったことをきっかけに彼らと共に養父母探しの旅に出ることになる赤ん坊の母親ソヨン(イ・ジウン)、そしてサンヒョンらを逮捕しようと追いかける刑事のスジン(ペ・ドゥナ)と後輩のイ刑事(イ・ジュヨン)が一堂に会している。

本作について是枝監督は「脚本を書きながら、韓国で様々な取材を行い、ベイビー・ボックス出身の子どもたちの声にも触れました。“自分は生まれてきてよかったのか”と葛藤する彼らの切実さと向き合った時、その問いに答えられる作品にしなければいけないという思いが膨らんでいきました」と明かしている。

(C)2022 ZIP CINEMA & CJ ENM Co., Ltd., ALL RIGHTS RESERVED


(C)2022 ZIP CINEMA & CJ ENM Co., Ltd., ALL RIGHTS RESERVED


(C)2022 ZIP CINEMA & CJ ENM Co., Ltd., ALL RIGHTS RESERVED


また、撮影現場のキャストの様子を収めたメイキングカット7点も解禁。ソン・ガンホとカン・ドンウォンが笑顔で並ぶカットなど、キャストたちの仲睦まじい姿が切り取られている。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル