top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

神保克哉が63g減量の植村真弥をKOで破り改めて-75kgの主役宣言【Krush.137】

TOKYO HEADLINE

「Krush.137」(5月21日、東京・後楽園ホール)のセミファイナルで神保克哉(K-1ジム目黒TEAM TIGER)と植村真弥(WSRフェアテックス幕張)が-75kg契約で対戦し、神保が3RKO勝ちを収めた。

 神保は2020年に行われた「K-1 WORLD GP第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント」に出場するも1回戦で敗退。昨年3月からは−75gの新階級設立を目指し−73~75kg契約で試合を続け、ここまで4戦4勝(2KO)の戦績を残している。

 対する植村はこれまでヘビー級やクルーザー級で試合を続け、2020年3月には、今年4月の「K-1無差別級トーナメント」準優勝の谷川聖哉とも引き分けていたのだが、今回、約1年ぶりのKrush参戦にあたり−75kgまでの大減量を敢行。前日計量はリミットから350gアンダーの74.65kgでクリアした。最大138kgから実に63kgの減量に成功した。

 試合は1Rから植村がプレッシャーをかけて前に出る。神保は下がりながらもジャブとミドル、そして右カーフ、左右のボディー。植村も左右のフックに右アッパー。神保は2Rに入るとボディーへのヒザ蹴りもまじえ、多彩な攻撃で植村を止めにいくが、植村の突進は止まらない。植村は体を寄せて、左右のフック、そしてショートアッパー。右フックが神保の顔面をとらえる。神保も左ボディーを連発。

 3Rになると神保の右カーフ、そしてボディー攻撃はよりいっそう厳しくなるが植村は下がらず左フックをヒット、右アッパーは空を切るが一瞬ヒヤリとさせる。しかし最後は神保が植村にロープを背負わせると右ストレートから追撃の左フックを打ち抜くと腰から落ちた植村は下段のロープに座り込むようにダウン。すぐにレフェリーが試合を止め、神保のKO勝ちとなった。

広告の後にも続きます

試合後「今日、転校生来てないのかな?」と松倉信太郎を探す

 神保は試合後のマイクで「今日、転校生来てないのかな? まぁいいや」と4月の「K’FESTA.5」でK-1復帰を果たした松倉信太郎を探すがいないとみると「俺が75㎏の主役なります。Krush、K-1でお願いします。最終的には気合です。ありがとうございました!」と改めて自分がK-1ジャパングループの−75kgの主役であることをアピールした。

「Krush.137」(5月21日、東京・後楽園ホール) ◆プレリミナリーファイト第1試合/Krushフェザー級/3分3R ●神田賢吾(WSRフェアテックス幕張)(判定0-3=27-30、27-30、28-30)寺島 想(AX GYM)○ ◆プレリミナリーファイト第2試合/Krushスーパー・バンタム級/3分3R ○“狂拳”迅(WIZARDキックボクシングジム)(判定3-0=30-27、30-28、30-26)坂本寿希(リーブルロア)● ◆第1試合/Krushスーパー・ライト級/3分3R・延長1R ●蓮實 光(パラエストラ栃木)(判定0-3=28-30、28-30、28-30)大野祐志郎(ALL-WIN team 華王州)○ ◆第2試合/Krushスーパー・フェザー級/3分3R・延長1R ●遠藤信玄(MASTERPIECE KICKBOXING)(2R2分12秒、KO)髙橋直輝(若獅子会館)○ ◆第3試合/Krushバンタム級/3分3R・延長1R ○板橋武留(健成會)(延長判定2-1=10-9、9-10、10-9 ※本戦判定1-1=29-30、29-29、30-29)中澤誠弥(PITBULL)● ◆第4試合/Krushスーパー・バンタム級/3分3R・延長1R ○倉田永輝(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(1R1分41秒、KO)紫苑(KIZUNA田川本部道場)● ◆第5試合/Krushスーパー・フェザー級/3分3R・延長1R ○西元也史(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(判定3-0=30-27、30-26、29-27)斎藤祐斗(JK TRIBE)● ◆第6試合/Krushスーパー・バンタム級/3分3R・延長1R ●吉岡ビギン(team ALL-WIN)(2R1分46秒、KO)永坂吏羅(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)○ ◆第7試合/Krushフェザー級/3分3R・延長1R ●佑典(月心会チーム侍)(判定0-2=29-30、30-30、29-30)大田拓真(新興ムエタイジム)○ ◆第8試合/Krushフェザー級/3分3R・延長1R ●稲垣 澪(K-1ジム大宮チームレオン)(判定0-3=27-30、26-30、27-29)寺田 匠(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)○ ◆セミファイナル(第9試合)/-75kg契約/3分3R・延長1R ○神保克哉(K-1ジム目黒TEAM TIGER)(1分6秒、KO)植村真弥(WSRフェアテックス幕張)● ◆メインイベント(第10試合)/Krushフェザー級タイトルマッチ/3分3R・延長1R ●新美貴士(名古屋JKファクトリー)(判定0-3=29-30、29-30、29-30)玖村修平(K-1ジム五反田チームキングス)○

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル