top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

玖村修平が新美を破り悲願の王座獲得。「このベルトを巻くために人の縁を切って上京した。挫折もした。ようやく巻くことができた」【Krush.137】

TOKYO HEADLINE

 第7試合ではWBCムエタイ日本統一フェザー級とS1ジャパン -55kgのムエタイ二冠王である大田拓真(新興ムエタイジム)がK-1ジャパングループに初参戦し佑典(月心会チーム侍)に2-0の判定勝ちを収めた。

 1R、佑典はプレッシャーをかけて距離を詰めるも大田は足を使ってすかしては右インロー。佑典は飛び込んでの右アッパー。終盤にも飛び込んで右左とパンチも大田はバックステップでかわし、右ロー、ボディーストレート。2Rはともに警戒心を強め手数が減るが、佑典はワンツーの左ストレート。大田はクリーンヒットはさせず右ミドルを連打。

 3R、大田は右ミドル、右ハイで距離を制する。佑典は一歩踏み込めずパンチが届かない。大田は左右に動いて的を絞らせず、右ハイ。佑典が入るところに左フックをカウンター。佑典が距離を詰めたところで大田の頭が当たりバッティングで一時中断。大田に警告が出る。再開後、パンチを振って前に出る佑典だったが、大田はパンチで迎撃。そして右ハイキック。判定は巧みな試合運びで佑典を翻弄した大田が2-0で制した。

寺田匠が稲垣澪にリベンジ

 第8試合では稲垣 澪(K-1ジム大宮チームレオン)と寺田匠(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)が対戦し、寺田がダウンを奪った上で3-0の判定で勝利を収めた。

 2人はともに2019年に行われた格闘リアリティ番組「格闘代理戦争 K-1 FINAL WAR」に出演。そこで対戦し稲垣が勝利を収めているのだが、勝ち抜き戦で寺田が1試合行ってからの対戦だった。その後、2020年4月に同日デビューし、稲垣は5戦5勝(3KO)、寺田は4戦4勝(2KO)とともに無敗で今回の対戦を迎えた。

広告の後にも続きます

 1R、ローとカーフの蹴り合いから寺田は重い左右のフックと左ボディー。稲垣はガードを固めるが寺田はガードのすき間からパンチをねじ込んでいく。そして左フックから右フックでダウンを奪う。立ち上がった稲垣に寺田がなおもパンチの連打。稲垣は鼻血を流す。2R、稲垣はガードを固め寺田の打ち終わりにカウンターを狙うが、寺田は連打でカウンターを許さない。ガードの上からでも寺田の左右のフックは強烈。3R、後がない稲垣は前に出てパンチ、そしてヒザを寺田のボディーに打ち込んでいく。接近戦になると右フック。しかし寺田は左ボディー、右ローで反撃。稲垣も右ストレートからパンチの連打。寺田も打ち返し、打ち合いのまま試合が終了。

 ダウンを奪った寺田が3-0で勝利を収めリベンジを果たした。

「Krush.137」(5月21日、東京・後楽園ホール) ◆プレリミナリーファイト第1試合/Krushフェザー級/3分3R ●神田賢吾(WSRフェアテックス幕張)(判定0-3=27-30、27-30、28-30)寺島 想(AX GYM)○ ◆プレリミナリーファイト第2試合/Krushスーパー・バンタム級/3分3R ○“狂拳”迅(WIZARDキックボクシングジム)(判定3-0=30-27、30-28、30-26)坂本寿希(リーブルロア)● ◆第1試合/Krushスーパー・ライト級/3分3R・延長1R ●蓮實 光(パラエストラ栃木)(判定0-3=28-30、28-30、28-30)大野祐志郎(ALL-WIN team 華王州)○ ◆第2試合/Krushスーパー・フェザー級/3分3R・延長1R ●遠藤信玄(MASTERPIECE KICKBOXING)(2R2分12秒、KO)髙橋直輝(若獅子会館)○ ◆第3試合/Krushバンタム級/3分3R・延長1R ○板橋武留(健成會)(延長判定2-1=10-9、9-10、10-9 ※本戦判定1-1=29-30、29-29、30-29)中澤誠弥(PITBULL)● ◆第4試合/Krushスーパー・バンタム級/3分3R・延長1R ○倉田永輝(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(1R1分41秒、KO)紫苑(KIZUNA田川本部道場)● ◆第5試合/Krushスーパー・フェザー級/3分3R・延長1R ○西元也史(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(判定3-0=30-27、30-26、29-27)斎藤祐斗(JK TRIBE)● ◆第6試合/Krushスーパー・バンタム級/3分3R・延長1R ●吉岡ビギン(team ALL-WIN)(2R1分46秒、KO)永坂吏羅(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)○ ◆第7試合/Krushフェザー級/3分3R・延長1R ●佑典(月心会チーム侍)(判定0-2=29-30、30-30、29-30)大田拓真(新興ムエタイジム)○ ◆第8試合/Krushフェザー級/3分3R・延長1R ●稲垣 澪(K-1ジム大宮チームレオン)(判定0-3=27-30、26-30、27-29)寺田 匠(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)○ ◆セミファイナル(第9試合)/-75kg契約/3分3R・延長1R ○神保克哉(K-1ジム目黒TEAM TIGER)(1分6秒、KO)植村真弥(WSRフェアテックス幕張)● ◆メインイベント(第10試合)/Krushフェザー級タイトルマッチ/3分3R・延長1R ●新美貴士(名古屋JKファクトリー)(判定0-3=29-30、29-30、29-30)玖村修平(K-1ジム五反田チームキングス)○

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル