top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

玖村修平が新美を破り悲願の王座獲得。「このベルトを巻くために人の縁を切って上京した。挫折もした。ようやく巻くことができた」【Krush.137】

TOKYO HEADLINE

新美は4度目の防衛に失敗

「Krush.137」(5月21日、東京・後楽園ホール)のメインイベントで行われた「Krushフェザー級タイトルマッチ」で挑戦者の玖村修平(K-1ジム五反田チームキングス)が3-0の判定で王者・新美貴士(名古屋JKファクトリー)を破り、第6代王座に就いた。

 2人は2020年に行われた「第5代Krushフェザー級王座決定トーナメント」の準決勝で対戦し、優勝候補の筆頭だった玖村を新美が破る番狂わせ。新美は決勝でも森坂陸を破り王座を獲得するとここまでハイペースで防衛を重ね、今回が4度目の防衛戦だった。

 対する玖村は新美に敗れた後、K-1への参戦が続き4戦3勝1敗。当時フェザー級王者だった椿原龍矢にこそ敗れたものの、ここ2戦は才賀紀左衛門、小澤海斗といった実績のある選手に連勝し、今回の挑戦にこぎつけた。

 前回の対戦では新美のノンストップで攻撃を繰り出すスタイルに出鼻をくじかれ最後まで主導権を握られてしまった玖村、この日は1Rのゴングが鳴り新美が歩み寄るとすぐにパンチを放っていく。新美もこれに応じプレッシャーを強めパンチの連打。玖村は下がらされるも右ストレート、左フックを的確にヒット。新美は左ミドル、左ロー。これに玖村は右ストレートを合わせ、アゴを上げさせるが新美は何事もなかったかのように前に出るとパンチを放っていく。玖村はロープを背負う展開が続くが、気持ちを折られることはなく的確にパンチ、右インローと当てていく。

 2Rもいきなり中央でフックを打ち合う2人。やはりプレッシャーをかけて前に出るのは新美だが、玖村も下がりながらパンチは返し続ける。新美はパンチにまじえ、ヒザを玖村のボディーに打ち込んでいく。しかし玖村は前に出て右インローから右ストレート。踏みとどまる新美だったが、玖村は立て続けに右ストレートを放ち新美を下がらせる。

広告の後にも続きます

 3Rも新美がプレッシャーをかけパンチを放っていくが、玖村も押し返し右ストレート、左フック。新美はロー、ヒザ。にじりより玖村を下がらせるが玖村はパンチの連打から右ミドル、ヒザ、そしてワンツー。残り時間1分を切ったところで玖村がリング中央でパンチの速射砲。新美はガードを固めるが、その上から効かされたか手が止まる。それでも残り30秒から新美も打ち返し、打ち合いのまま試合終了。

 判定はジャッジ3者とも30-29で玖村を支持。玖村が悲願のKrush王座を獲得した。

弟の玖村将史(右)と2ショット(撮影・堀田真央人)

 試合後のマイクで玖村は「僕は4年前、このベルトを取るために、地元・大阪からいろんな大人の人に嫌われて、いろんな人と縁を切って、このベルトのために上京しました。網膜剥離のような大きなケガをしたりとか、いろいろな挫折をしたんですけど、ようやくこのベルトを巻くことができました。新美選手にもリベンジができたので、次はKrush王者としてこのベルトを守ってK-1のチャンピオンに挑みたいと思っています。新美選手がこのベルトの価値を高めてくれたので、僕はもっといろいろな人に見てもらえるような王者になって、Krushを世の中に広めていきたいと思います。これからも玖村修平と玖村将史、玖村兄弟をお願いします」とここに至るまでの心情を吐露しつつ、王者としての目標を語った。

初参戦のムエタイ二冠王・大田拓真が判定勝ち

 この日は今後のフェザー級戦線を占う2試合が行われた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル