top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【新日本】ヒロムがオースティンとの注目対決制して3連勝 全勝V視野、Xディビジョン王座に色気

プロレス/格闘技DX

【新日本】ヒロムがオースティンとの注目対決制して3連勝 全勝V視野、Xディビジョン王座に色気

『BEST OF THE SUPER Jr.29』青森・新青森県総合運動公園 マエダアリーナ・メインアリーナ(2022年5月21日)
Aブロック公式戦 ○高橋ヒロムvsエース・オースティン×

 ヒロムがXディビジョン王者・オースティンに勝利して3連勝。史上初の3連覇と史上最多V4に加え、全勝優勝も視野に入れ、Xディビジョン王座にも色気をみせた。

 3連覇と最多V4のダブル記録更新がかかるヒロムはここまで田口、アキラを破って2連勝と好調そのもの。3戦目となったこの日はIMPACTのXディビジョン王者・オースティンとの注目対決が実現した。

 「エースは足りてるのでジョーカーはいかがですか?」と記された「BOSJ29攻略本」を持参で出陣したヒロムはカードスクラッチを食らって先制を許し、サイドスープレックス、キャメルクラッチと腰攻めにもん絶。ブレーンバスターを連発された。反撃に出てもターンバックルデスバレーボム、サンセットフリップパワーボムがことごとく不発に終わり、フォスベリーフロップで攻め込まれた。

 その後もヒロムはバックドロップ、ツイスティングスープレックスの猛攻を浴びたが、王者の意地で3カウントを許さない。THE FOLDを食い止めると、シットダウンパワーボム、ターンバックルデスバレーボムの猛攻に出る。TIME BOMB、THE FOLDがともに不発に終わるなど目まぐるしい読み合いから、ヒロムがナックルパンチをぶち込んだ。

 オースティンもトラースキックで徹底抗戦。ここからヒロムがラリアット、オースティンがトラースキックを打ち合う意地のせめぎあいを展開。これを制したヒロムはビクトリーロイヤルで一気に流れを引き寄せると、満を持してのTIME BOMB IIを爆発させて接戦をモノにした。

 ヒロムがXディビジョン王者・オースティンを破って3連勝。勝ち点を6に伸ばした。試合後は握手を交わしてノーサイド。「エース・オースティン、お前は十分IMPACTのエースだな」と称えたヒロムは「そのベルト、挑戦させてくれるんだろ? いや、俺が挑戦するのは違うな。負けたお前が挑戦してこい。やるならアメリカのIMPACTのリングって言ったな? 3連覇、4度目の優勝をする前人未到のこの男を呼ぶんなら、もちろんファーストクラスを用意してくれよ」と再戦に前向き。「かっこいいもんな、あのベルト」とXディビジョン王座に色気をみせた。

 「きつかったし、楽しかったぁ」と充実感に浸ったヒロムの4戦目は5・24後楽園大会。曲者・金丸との対戦を控える。難敵が立ちはだかるが、「これで3連勝。言ってはなかったけど、全勝優勝というのもこれはみえるんじゃないかな」と完全Vによるダブル記録更新も視野に入れたヒロムはこの勢いのまま白星を積み重ねる。

【ヒロムの話】「俺が間違ってた。俺が間違ってた。(※オースティンについて書かれたスケッチブックを見せながら)エース・オースティン、お前は十分インパクトのエースだな。それはそうと、約束守ってくれるんだろうな? そのベルト(Xディビジョン王座)、挑戦させてくれるんだろ? いや、俺が挑戦するのは違うな。負けたお前が挑戦してこい。やるならアメリカのインパクトのリングって言ったな? 3連覇、4度目の優勝をする前人未到のこの男を呼ぶんなら、もちろんファーストクラスを用意してくれよ? そうしたらいくらでも俺は挑戦しに行く。カッコいいもんな、あのベルト。いや、そんな余裕がないぐらいキツかったぁ…。キツかったし、楽しかったぁ。さてと、これで3連勝。おっと、おっと、言ってはなかったけど、全勝優勝というのもこれは見えるんじゃないかな? (※少し声を張って)ただあまり全勝優勝と言ってしまうと、ヒロムちゃん、悪い癖が出ちゃうから。でも、せっかくだからこれは全勝優勝あるかもしれないなあ。まあ、次の相手はこの人だよ。(※と言って、スケッチブックをめくり、『ノブおじ嫌いな人っている?』と書かれた金丸のページを見せると)ノブおじ…ノブおじを嫌いな人…実はいるんだよ。(※急に小声になって)あんたのことが大嫌いな人間が…。(※と言って、一瞬沈黙すると、今度は大声になって)とかって言うと、今のこの沈黙の時間、『え? そうなの? ノブおじを嫌いなのって誰?』って思ったでしょ? こういうのも作戦の一つ。でも、たぶん、ノブおじを嫌いな人、きっといない。うん、俺はそう思う。でも、こういうちょっとした一言が彼の心を傷つける可能性がある。だから言う価値はある。でも、俺は今ふと、これは作戦だと、嫌いな人はいないと言っちゃったから、今の作戦はなしとなる。となると、何の作戦もないまま俺は当日を迎えることになるのかな? いや、でも前哨戦が1個あるからね。そこでどういうふうな戦い方を見せるのか? いや、でも何も参考にならないんだろうな。う〜ん、どうしよう。ノブおじか…」

【オースティンの話】「(※何回も深くため息をついてから)クソ…いや…イラついてるんじゃない。こんな凄い試合をした後で頭にくるわけがないだろ? ただ、悔しくて仕方ないだけだ。“物事には必ず終わりが来る”って言うだろ? これで俺の無敗記録も絶たれたってことか? でも俺はベルトの保持者としての実力をちゃんと見せた。このステージ(リング)に上がるまで長い道のりだった。そこでヒロムに負けたからといって自分を恥じることはないし、後悔は一つもない。自信過剰だって言われるだろうけど、でも何事にも自信がなければ成功は出来ない。自分が自分の可能性を信じることが出来なければ、誰からも信じてもらえないだろ。だから俺は今日の1敗で挫けたりしない。俺にはまだ自分がBEST OF THE SUPER Jr.を優勝出来るっていう強い自信がある。ヒロム、このニュージャパンのリングで初めて俺を倒したのがお前だ。お前にはベルトの挑戦権利があるってことかもな。オーケイ、挑戦させてやるよ。でもお前にベルトを懸けてインパクトのリングで戦う覚悟はあるのか? それはそうと、まだリーグが残ってる。あとまだ何試合もある。俺には自分が優勝する未来が見えてる。それは、“INEVITABLE”」

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル