top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【NOAH】HAYATA初防衛 Eタイガー熱闘撃破で「他団体でも外国人でも誰でも来い」

プロレス/格闘技DX

【NOAH】HAYATA初防衛 Eタイガー熱闘撃破で「他団体でも外国人でも誰でも来い」

『Dream on 2022 FINAL』東京・大田区総合体育館(2022年5月21日)
GHCジュニアヘビー級選手権試合 ○HAYATAvsエクストリーム・タイガー×

 GHCジュニア王者・HAYATAがメキシコの“究極虎”エクストリーム・タイガーの挑戦を退けて初防衛に成功。完勝で再び防衛ロードを歩み始めた寡黙な王者は、珍しくマイクで「誰でも来い」と仁王立ちした。

 4・29両国大会でEitaからGHCジュニア王座奪還を果たしたHAYATAがこの日、初防衛戦を迎えた。挑戦者はキャリア24年のタイガー。元Xディビジョン王者でもあるベテランルチャドールに苦しめられた。

 ねちっこい寝技に捕まったHAYATAはひねり式の変型トペコンヒーロで先制を許してしまう。すぐさまトペコンヒーロで応戦し、ムーンサルトを放ったが、ヘデックは時期尚早で決められず。グラウンド卍に捕まって消耗すると、フェンスに乗せられてコーナー最上段から場外へのダイビングギロチンドロップを食らって大ダメージを負った。

 それでもHAYATAはリバースゴリースペシャルをことごとく阻止。意地の打撃ラリーで渡り合うと、後方回転式スタナーを決められたが、続くライオンサルト式コークスクリューボディプレスを自爆させて突破口。フランケンシュタイナーでタイガーをコーナーに激突させると、電光石火のヘデックをさく裂させて3カウントを奪った。

 シングル初対決となった挑戦者と熱闘を繰り広げ、最後は完勝。昨年同様、再び絶対王者然とノアジュニアに仁王立ちしたHAYATAは珍しくマイクを持って「このベルトが欲しいヤツ、誰でも来い。誰が来ても勝つのは俺や」と挑戦者を募った。対象はノア内にとどまらない。バックステージでも口を開いたHAYATAは「誰でもいい。他団体でもいい。外国人選手でもいい。どこのリングでもいい」との意向を示していた。

【HAYATAの話】「リングで言った通りや。誰でもいい。他団体でもいい。外国人選手でもいい。どこのリングでもいい。それだけや」

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル