top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

山梨学院vs二松学舎大附

高校野球ドットコム

山梨学院がセンバツ出場校対決制す 136キロ右腕がエース負傷降板のピンチ救う

山梨学院 3番手・武藤 大地

<春季関東地区高校野球大会:山梨学院8-4二松学舎大附>◇21日◇2回戦◇宇都宮清原

 ともに2022年のセンバツに出場した山梨学院と二松学舎大附(東京)。センバツではともに初戦敗退とはなったものの、全国区の実力を持つ両チームが初戦で激突した。この試合、二松学舎大附を下した山梨学院にとっては価値ある1勝になった。

 先発したエース・榎谷 礼央投手(3年)は、120キロ台で鋭く沈む自慢の球種であるカットボールで強力・二松学舎大附打線を機能させなかった。ただ、真っすぐが140キロまでマークして7奪三振を記録したが、少し制球に苦しんでいた。さらに5回には右足首付近に打球が直撃。その後、マウンドに上がったが、状態が回復せず、6回で降板した。

 7回から2番手・山田 悠希投手(3年)が登板するも、状態が悪く1回投げて降板。吉田監督も期待する2本柱を使い、山梨学院としては苦しい事態に陥ったが、そこで結果を残したのが3番手・武藤大地投手(3年)だった。

 身長175センチ、体重67キロで手足の長いシルエットが特徴的な武藤は、腕を上手く畳むなど体全身を大きく使って投げ込む。縦回転のフォームから角度のある直球が130キロ前半、大きく曲がるスライダーが110キロ台を計測し、追撃ムードの二松学舎大附打線の勢いを止めることに成功した。

広告の後にも続きます

 武藤は「自信をつけることができました」と好投できたことで、自身の投球に手ごたえをつかんだ。指揮官の吉田監督も「この試合で一番の収穫でした」と話しつつ、武藤がいなければ、追いつかれていたかもしれないとまで語り、チームのピンチを救ったことは間違いない。

 秋の段階では最速132キロを計測していたが、ベンチにも入ることができなかった。横回転の投球フォームで、右打者の方向へ球が抜けてしまうなど、制球に課題を抱えていた。

 冬場はトレーニングなどを重ねてきたが、センバツを終えるころに転機を迎える。エース・榎谷の飛躍につながった縦回転の投球フォーム習得のためのドリルを実践し、フォーム改善に取り組んだ。

 そのおかげで制球力はもちろん、オリックス・山岡 泰輔投手(瀬戸内出身)を参考に中学時代に覚えたという縦のスライダーの切れ味も向上。さらに、直球の最速も136キロまでアップすることに成功した。

 またエース・榎谷の存在も大きい。秋、そしてセンバツとエースに頼ってきた山梨学院にとって、2番手以降の投手を整備することは夏を勝ち抜くには必要不可欠だった。武藤をはじめとした投手陣も十分に理解して、「みんなで支えあって、試合を作れるようにしよう」とエースと肩を並べられるように練習を重ねてきた。その成果が、この試合での好投につながった。

 3回戦は前橋育英(群馬)が相手となるが、エースの状態は何とも言えない。その中で投手陣が結果を残すことができれば、夏に向けての大きな収穫になることは間違いない。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル