top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

津田学園vs東邦

高校野球ドットコム

津田学園がイメージ通りの継投で、追いすがる東邦を振り切る

9回のピンチを逃れて勝利を喜ぶ津田学園

<春季東海地区高校野球大会:津田学園3-2東邦>◇21日◇1回戦◇小牧市民

 今春の愛知県大会では、「勝つべくして勝った」と言われるほど、その力を示して優勝を果たした東邦。その実力は、東海大会でも高く評価されており、今大会でも優勝候補の筆頭に推す声も多かった。対する三重県2位の津田学園は、「チャレンジャーの精神で、力のある相手にぶつかっていきたい」というところである。ところが、勝負というのはやはりやってみないとわからないということを再認識させられる結果となった。

 東邦は2年生ながら、その素材力の高さを早くから評価されている宮國 凌空投手、津田学園は背番号11の右サイド気味で腕の出所が判断しづらい越智晴也投手(3年)が先発。初回こそ、お互いに安打を許したものの、まずまずの試合の入りだったのではないだろうか。

 先制したのは津田学園で3回、失策と1番小林京矢外野手(2年)の右翼線二塁打で無死二、三塁とし、続く前野純希内野手(2年)が三遊間をゴロで破る安打で三走をかえす。1死後岡田龍之介外野手(2年)が死球でなおも1死満塁。津田学園のチャンスは続いていた。2死となったが、6番西原颯汰外野手(3年)がフルカウントからしぶとく中前へ運んで2者がかえってこの回3点が入った。

 東邦も直後の4回、4番城(たち)幸佑外野手(3年)の左翼へのソロ本塁打で1点を返した。

広告の後にも続きます

 5回にも津田学園は神田剛志内野手(3年)、岩本遥人捕手(3年)の安打などで2死一、二塁として、6番西原が左前打。二塁走者は本塁を狙ったが、ここは左翼からの好返球で本塁タッチアウト。東邦は何とか、3回の3失点のみで堪えて、後半へ望みをつないだ。

 6回の東邦は1死から1番早川侑希外野手(3年)が右越え三塁打すると四球後1死一、三塁から、三浦 心空内野手(3年)の内野ゴロの間に三塁走者がかえって1点差とした。

 7回から津田学園は180センチの上背を利した投げ下ろしの阪本小剛郎投手(2年)がリリーフに立った。今春の県大会では佐川竜朗監督が最も多く試合を託した投手である。佐川竜朗監督も、「県大会では先発もして完封した試合もありましたが、本来はロングリリーフというイメージ」と言うが、その起用に応える粘りの投球だった。

 何とか反撃したい東邦は、8回には先頭の1番早川が右中間二塁打してチャンスを作るが、送り切れず結局得点には至らなかった。そして9回も、簡単に2死となっていったが、そこから失策と代打畠幸輝(3年)の安打で一、三塁。最後まで食い下がったが、津田学園の阪本が踏ん張って、何とか凌いで逃げ切った。

 東邦の山田祐輔監督は、「送るべきところは、きちんと送るなど、ウチはやるべきことがやれていませんでした。相手の方が、しっかりと対応力があったということでしょう。一番よくない形の負け方で、当たり前のことができなかったら負けるということも分かったと思います。夏までの、修正課題です」と、夏へ向けての軌道修正を目指す。

 津田学園の佐川監督は、「とにかく、この代の選手たちは自分たちから進んでよく練習をします」と、目を細める。3年前に春夏甲子園出場を果たしたチームに比べても、選手個々の意識は高いという。そして、この日の継投に関しても、「イメージ通りの形でできた」と喜んだ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル