top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

プロジェクト終了!テキサスの人工池、干ばつで撤退を余儀なくされる

カラパイア


 テキサスの「フィッシュ・ウィスパラー」、カイルさんが企てていた、巨大な人工池を作ってアリゲーターガーや亀やナマズを飼うんだぜ!計画が、干ばつの影響で頓挫したとの報告があった。

 楽しく見守っていた我々としては極めて残念ではあるが、カイルさんも苦渋の決断だったはず。頓挫の理由や今後の展望などについてカイルさん自身が語っているので見て見よう。



I’m Leaving the New Ponds

 この池のあるテキサス州では、8か月ほど干ばつが続いており、ご覧の通り水位がかなり下がってしまっている。現在の水深は2mほど。巨大に育つアリゲーターガーが生きていくには少々厳しい環境だ。

 そこでカイルさんは、この池を含んだ土地を手放し、自身も引っ越すことにしたそうだ。アリゲーターガーはカイルさんと一緒に引っ越す予定だが、もう一つの池の魚たちはこのまま置いていくつもりとのこと。

 バスやブルーギルのいる池の方は水草も生え始め、魚たちが生きていく環境は整ってきており、このままでも心配はないようだ。

 カイルさんが放した鴨たちは、たまにこの池に来るけれど、基本的には近くにある別の大きな池で過ごしているらしい。

 下の映像は、まだ干ばつが始まる前の去年の夏に撮影されたもの。

The Gar Are Hungry!

 魚たちも育ち、環境も整ってきて、カイルさんも楽しくて仕方がない時期だったろう。ドローンからの映像では、アリゲーターガーたちが元気に泳いでいるのが見える。

 池の造成から1年半にわたって続いたこのプロジェクト。大自然の前に撤退を余儀なくされることとなったわけだが、カイルさん自身は得るものも大きく、残念ではあるが十分に楽しんだようだ。

 多分だけど、カイルさんが目指していたのは、広い池で、こんな感じに彼らを大きく育てることだったんじゃないかな。



 カイルさんは今後、さらにエキサイティングな計画があるようで、動き出したらまたこのチャンネルで報告してくれるとのことなので、楽しみに待っていようと思う。

 池の造成開始時の映像は、こちらの記事で紹介しているので、よかったら改めて見てみてほしい。



written by ruichan


※この記事はカラパイアの姉妹サイト「マランダー」に掲載されたものです。面白い動物情報を集めたマランダーの方にも是非訪れてみてください。

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル