top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「第二の藤浪」にするな!阪神の「二刀流」逸材・西純矢に忍び寄る「特別扱い」という爆弾

アサ芸プラス

 早くも阪神・西純矢の今後を心配する声が出始めている。

 5月18日のヤクルト戦(神宮)で「8番・投手」としてスタメン出場し、今季2勝目をプロ初完投で飾っただけではない。打っても2回にプロ1号となる2ランをレフトスタンドに叩き込んだ。エンゼルス・大谷翔平ばりの「二刀流」の活躍に、虎党のボルテージは上がりに上がっている。

 今季の阪神は開幕から低迷。最下位街道を驀進しているだけに、盛り上がるのも仕方のないこと。だがこれは、危険な兆候であるという。

 球界OBが、不安の声を上げる。

「阪神の場合、少し活躍しただけで、球団も関西マスコミもすぐに特別扱いを始める。それで勘違いして伸び悩む選手が過去に何人もいた。高校生ならなおさらだ」

広告の後にも続きます

 最近ではその典型的な例が、藤浪晋太郎である。藤浪は入団1年目の2013年、高卒1年目ながら10勝6敗、防御率2.27と大活躍。セ・リーグから連盟特別表彰として、巨人・菅野智之と共に新人特別賞を受けた。14、15年も2ケタ勝利を挙げたが、その後は伸び悩んでいる。

 その大きな要因が、球団の甘やかし体質にあるという。在阪スポーツ紙デスクが言う。

「ここ最近はフロントの特別扱いを受けて、現場の首脳陣も特別扱いする傾向にある。低迷していた時期に、首脳陣は中継ぎや敗戦処理で再起を図ろうとしていた。ところが藤浪が『先発にこだわりたい』と難色を示したため、いつしか立ち消えになった」

 本来なら、選手起用は矢野燿大監督の専権事項である。だが、一個人の要求が現場でも通ってしまう体質が、阪神という球団にはある。亡くなった野村克也氏も、

「球団もすぐに人気選手個人の肩を持つ。マスコミもすぐに選手側に立ち、何かあると監督が悪いと叩きにくる。阪神の監督をやらなければよかった」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル