top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

寺西優真・大村崑のW主演ホラー映画「SPELL〜呪われたら、終わり〜霊能者・馬飼野俊平の事件簿シリーズ」に小林麻耶、改め「國光真耶」が出演決定

WWSチャンネル

映画「SPELL〜呪われたら、終わり〜霊能者・馬飼野俊平の事件簿シリーズ」ビジュアル(※提供写真)

歌手兼俳優の寺西優真と俳優の大村崑がダブル主演を務める、映画「SPELL〜呪われたら、終わり〜霊能者・馬飼野俊平の事件簿シリーズ」の製作が決定した。

本作は、霊能者一家・馬飼野家に悪霊を退治して欲しいと相談を持ち掛けた水谷良美の家で数々の不思議な現象が起こり、その霊現象の謎と解決に挑むホラーサスペンス。本作は2023年に公開を予定している。

【写真】國光真耶に改名した小林麻耶の出演が決定した映画「SPELL〜呪われたら、終わり〜」

寺西と大村が演じるのは、悪霊退治の依頼を受けた霊能者、馬飼野俊平と馬飼野霊山。なんと「年齢差62歳」のダブル主演となる。

そして本作で本格的に女優活動をスタートさせる小林麻耶が、水谷良美役で出演することが決定した。小林にとっては本格的な銀幕デビュー作となり、さらに本作の出演を機に「國光真耶」に改名する。

広告の後にも続きます

なお、大村は現在90歳、本作で日本映画最高齢主演を記録する。寺西の母役の馬飼野紀代子には北條透子が、良美の夫役の猛には宮城大樹が抜擢された。

監督と脚本を担当するのは、今年作家生活20周年を迎えた寺西一浩で、同名小説もHP出版から出版された。(https://www.amazon.co.jp/dp/B0B1P2T3MV)

映画「SPELL〜呪われたら、終わり〜霊能者・馬飼野俊平の事件簿シリーズ」は、国内外の国際映画祭に出品し2023年に公開予定。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル