top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

穏やかではいられない! ウクライナ危機でJT社員の給与は上がる?下がる??

J-CAST会社ウォッチ

上場企業の財務諸表から社員の給与情報などをさぐる「のぞき見! となりの会社」。今回取り上げるのは、日本たばこ産業(JT)です。

JTは日本専売公社として1949年に設立され、1985年に民営化。1994年に東京、大阪、名古屋の各市場一部に上場。現在は東証プライム市場に所属しています。積極的なM&Aでグローバルに事業を拡大し、たばこ事業の販売数量で世界3位(中国国家煙草総公司を除く)、70以上の国と地域で事業を展開しています。

伸び悩み?「調整後営業利益」は目標をクリア

それではまず、JTの近年の業績の推移を見てみましょう。


JT(IFRS=国際会計基準)のこの5年の売上収益は2兆円を超えていますが、期によって大きく増減しています。営業利益は2018年12月期に前期比で増加したものの、その後は5000億円前後で伸び悩んでいます。

営業利益率は、この5期間で右肩下がりに悪化。2021年12月期は4期前と比べると4.7ポイントも減少しており、事業の利益性が下降傾向にあるように見えます。

広告の後にも続きます

しかし、会社が重視する独自指標の「為替一定ベースの調整後営業利益」で見ると、2021年12月期の営業利益は5984億34百万円。目標の5120億円を大きくクリアし、前期比で22.9%も増加しています。為替変動を除くと、経営は順調に成長しているようです。

2022年12月期の業績予想は、売上収益が前期比0.4%減の2兆3150億円、営業利益は同7.0%増の5340億円(為替一定ベースの調整後の営業利益6350億円。前期比4.0%増)の見込みです。

海外たばこ事業が国内事業を大きく上回る

JTの事業セグメントは、以下の4つです。

・国内たばこ事業:国内たばこ製品の製造・販売、および輸入たばこ製品の卸売販売等
・海外たばこ事業:海外におけるたばこ製品の製造・販売等
・医療事業:JTが研究開発を行い、鳥居薬品が製造・販売・プロモーション
・加工食品事業:冷凍・常温食品、調味料、パン等の製造、販売をテーブルマーク等が行う

上記報告セグメントのほかに、不動産賃貸等に係る事業等を営んでいます。2021年12月期の報告セグメント別業績は、以下のとおりです。

・国内たばこ事業:自社たばこ製品売上収益が5198億円(前期比0.8%増)、調整後営業利益が1824億円(同8.6%増)
・海外たばこ事業:自社たばこ製品売上収益が1兆4821億円(前期比18.5%増)、調整後営業利益が4544億円(同33.3%増)※過去最高業績
・医療事業:売上収益が804億円(前期比1.8%増)、調整後営業利益が111億円(同35.4%減)
・加工食品事業:売上収益が1472億円(前期比1.4%減)、調整後営業利益が40億円(前期は減損損失で赤字)

海外たばこ事業は国内たばこ事業の2.9倍の売上収益、2.5倍の調整後営業利益を生んでいます。売上収益の約6割、調整後営業利益の7割以上を海外たばこ事業であげているグローバルな会社ということになります。

海外たばこ事業の内訳は、South and West Europe(南および西ヨーロッパ)が16.5%の2451億円、North and Central Europe(北および中央ヨーロッパ)が21.1%の3127億円、CIS+(ロシアなど独立国家共同体および周辺国)が23.1%の3424億円、Rest-of-the-World(その他)が39.3%の5819億円でした。

JTはロシア最大のたばこメーカー

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル