top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

青汁王子の緊急搬送でみねしましゃちょー、青汁が「1ツイートでもしたら」投稿再開すると宣言

yutura

5月20日未明、青汁王子こと「三崎優太」(登録者数83万人)が昏睡状態となり緊急搬送されたと報じられました。
これを受け、三崎を数カ月にわたって批判していた「みねしましゃちょー」(同5万人)は「警察から青汁王子の緊急搬送の件で電話がありました」を公開しました。

青汁王子、ツイート後に緊急搬送

19日、三崎はツイッターで

また今日も事実無根の情報を拡散された。警察が動いているのに何の意味もない。 今度は僕が暴力事件で同級生の頭をカチ割って何十針も縫わせたらしい。これが誹謗抽象、名誉毀損じゃなければなんなのか? 神に誓って暴行事件も暴力事件も起こしていません。男女含めて人を暴力で傷つけたことはない。

と投稿しました。
さらに「150本以上の誹謗中傷をされたら、一般の人は自殺してもおかしくないです。本当にどうかと思います」や「信じる人が少しでもいるのが僕は悲しい。もう疲れました」などと続けて投稿。その後三崎の緊急搬送が報じられ、ファンからは心配の声が上がりましたが、命に別状はないことが判明しています。

100本以上の動画で三崎を批判していた

広告の後にも続きます

元不動産会社経営者で、ビジネス系YouTuberなどの“闇を暴く”動画を投稿しているみねしましゃちょーは、今年1月に「とある大物YouTuberとトラブルになっています」と題する動画を投稿。3月にそのトラブルの相手が三崎だと明かすと、それ以降100数十本にわたって三崎を批判する動画を投稿していました。

ことの発端は、三崎が反社会勢力と繋がりがあると主張する雑誌記者と、みねしまが情報交換をしたところ、それが三崎の耳に入ってクレームが入ったということのようです。多方面にわたって三崎を批判していたみねしまですが、最近では、三崎と同級生だったという人物に取材し、三崎が学生時代に暴行事件を起こしていたなどと主張していました。
三崎はこれを全面否定し、5月17日にはみねしまと思われる「特定の人物」を刑事告訴したことを報告していました。それから数日で今回の事態となったようです。

ちなみに、みねしまに情報提供した同級生を名乗る人物は、今回の騒動の中で「嘘の情報」を提供したと告白しています。

警察から「動画投稿をやめてくれ」

緊急搬送を受け、みねしましゃちょーは20日に動画を公開。警察から「動画投稿をやめてくれ」との指示があったと明かし、「青汁王子がSNSを休止するとなれば僕は動画投稿をやめようと思ってるんです」とコメントしました。

「(三崎が)入院してれば当然SNSの投稿はできないと思うんですよ。なのでSNSの次の投稿があるまで僕の方も青汁王子関係の動画を休止しようと思います」と宣言。「1ツイートでもしたら」「また動画投稿を始めたい」としています。

三崎はすでに退院していることが報じられており、メディアの取材にも答えていますが、今のところSNSでは発信はしていません。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル