top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

自分の資産は自分でつくる時代。初心者におすすめの「投資本」3選。

BOOKウォッチ

マンガ版 ながら投資生活(フローラル出版)<amazonで購入>

 給料アップは見込めない。物価は上昇中。預貯金してもほとんど増えない……。ちなみに、現在の普通預金の平均年利率は0.001%。100万円預金しても利息は年間10円から30円ほど。

 こうした現状から、日本は「自分の資産は自分でつくる時代」になりつつあるという。とはいえ、「投資信託」「株式投資」「NISA」「iDeCo」などはさっぱりわからないし、お金にまつわるものだからつい警戒しがち。でも、このままなにもしないのも不安……!

 今回は、そんな投資初心者におすすめの3冊をご紹介。「ながら」「貯金0円から」「ほったらかし」というタイトルが気になる。


投資信託をするうえで「大切なこと」とは?

■『貯金0円からの投資入門』(朝日新聞出版)
 竹内 弘樹 監修

 貯金が少ない人でも、コツコツ投資をしていくことで目標金額に到達できる。本書のコンセプトは、そのサポートをすること。コンビニなどでついつい無駄遣いしている数百円を投資に回す方法や考え方を、イラストをまじえて紹介している。取り外せる「My投資ノート」つき。

広告の後にも続きます

 ここでは、初心者におすすめの「資金ゼロ・知識ゼロから始められる投資信託」を見ておこう。

 「投資信託」とは、世界中のさまざまな商品(株式、債券など)を詰め合わせた「福袋」のようなもの。「積立投信」とは、この「福袋」を毎月購入し、中の資産価値が上昇することで利益を受け取ることができるもの。株のような一獲千金は難しくても、リスクが低く、長期的な資産形成にはもってこいなのだという。

■投資信託をする上で大切なこと
・早く始める 積立は期間が長いほど、1回の金額が少なくて済む。
・長く続ける 積立投資は長く続けるほどリターンも大きくなる。
・ときどき見直す 運用状況をときどき見直して確実に目標達成を。
■目次
Part1 お金の知識と考え方 あなたの一生にいくらかかる?
Part2 投資とは? お金を増やす手段のひとつ「投資」
Part3 投資信託とは? 初心者でもいますぐ始められる
Part4 株式投資とは? 投資信託を理解してからのスタートがおすすめ
Part5 「NISA」&「iDeCo」で賢く資産運用 節税しながら運用できる!
Part6 初心者が陥りがち! 失敗から学ぶ投資テク 投資を成功させるためには、まず失敗から学ぼう!


暮らしに投資を組み込む

■『マンガ版 ながら投資生活 無理なく楽しい、お金の育て方』(フローラル出版)
 TORANOTEC投信投資顧問株式会社 編

 「ながら投資」とは、買い物しながら・仕事しながら・家事しながら・勉強しながらなど、「普段の生活と投資」を負担なく実践できる投資スタイル。「すべての人を投資家に」をコンセプトに、投資の基本のキからマンガをまじえて解説している。

 まずは「投資の三大原則」を見ておこう。

 「リスクを抑えながら安定した運用成績が期待できる投資の大原則として、『長期』『積立』『分散』の3つが挙げられます」

 「長期」は、長期間にわたって投資をすること。それによって「複利効果」が高まっていく。「複利効果」とは、投資資金を運用して得た利益をさらに投資に回すことで、より効率的に資産が増えていく現象。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル