top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

アラフィフ女性のVIO脱毛はもう当たり前?

BOOKウォッチ

ウィズコロナ時代に後悔しない 暮らしの新常識109(小学館)<amazonで購入>

コロナ禍をきっかけに大きく変化した生活様式を、「ニューノーマル」と表現するようになってしばらくたつ。

そんな大きく変わった日々の暮らしについて、マネー、健康、教育、犯罪など、あらゆる角度から全109個もの「新常識」を軽快な筆致で紹介しているのが、『ウィズコロナ時代に後悔しない 暮らしの新常識109』(小学館)だ。


今回はその中から、「マネー」と「介護」にまつわる驚きの新常識を抜粋して紹介したい。

「最安値」ツアーは”おとり”商品?

コロナ禍で大ダメージを受けた業界として真っ先に思い浮かぶのが、旅行業界だ。

これまで我慢していた消費・行動意欲を爆発させる、いわゆる「リベンジ消費」を見据えて多くの旅行会社がお得なプランを打ち立てているが、本書によると、魅力的な用語が並ぶ旅行の広告には落とし穴があるという。

旅行ツアーを選ぶのは楽しいけど…

広告の後にも続きます

本当にお得なツアー旅行を選ぶ際に、注意したいキーワードは以下の3つ。

・最安値
・昼食フリー
・自由行動

まず、「最安値」と書かれたツアーはいわゆる「おとり商品」になりやすいという。このようなツアーはすぐに売り切れてしまうため、問い合わせるとやや割高の別ツアーを勧められがちなのだとか。なんだか不動産屋を彷彿とさせる話だ。

次の「昼食フリー」とは、ツアー中の昼食にどこで何を食べるかを、旅行客がおのおので決めそれぞれでとるスタイルのこと。しかし、設定されている時間は1時間未満なことが多く、人気店で食事を楽しむには足りないようだ。

「それを織り込み済みで『契約食堂なら優先的に』や『弁当を販売』と添乗員が勧めることがある。結果、追加料金を払わされたうえ、ご当地グルメも楽しめない可能性がある」

さらに、「自由行動」にも要注意。次の旅程の集合時間と場所が決まっているため、別料金の「オプショナルツアー」しか事実上は選択肢がないケースがあるのだという。その場合、最初から旅程が決められているツアーのほうが安上がり……ということも。

せっかく遠出をするのなら、これらの言葉にはよく注意を払って、慎重にベストな旅行ツアーを選びたいところだ。

VIO脱毛で老後に備える

本書で「感染症のリスクも軽減できる」として紹介しているのが、将来、介護されるときに備えたVIO脱毛である。40~50代女性を中心に注目を集めているという。

脱毛は将来の備え!?
  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル